ハナスベリヒユ

  • ハナスベリヒユ_img_0
    ハナスベリヒユ @ 浜名湖花博2004
  • ハナスベリヒユ_img_1
    ハナスベリヒユ @ 木場公園
  • ハナスベリヒユ_img_2
    ハナスベリヒユ @ 木場公園

基本情報

花名
ハナスベリヒユ
英名
Portulaca grandiflora
学名
Portulaca oleracea cv. giganthes
別名
Portulaca, ポーチュラカ
原産地
インド
生活型
這性非耐寒性多年草

コメント

ハナスベリヒユとは

ハナスベリヒユ(花滑莧、学名:Portulaca oleracea cv. Giganthes)は、インド原産で、スベリヒユ科スベリヒユ属の這性非耐寒性多年草です。スベリヒユ(滑莧、学名: Portulaca oleracea)の近縁種です。花の感じが、 マツバボタン(松葉牡丹)と似ていますが、 葉肉がへら状になっていることや、花が一重であることで見分けられます。 学名からポーチュラカ(Portulaca)、葉形からヘラマツバボタン、ヒロハマツバボタンとも呼ばれます。全草がエジブルフラワーでスープやサラダなどに使われます。

一般名:ハナスベリヒユ(花滑莧)、学名:Portulaca oleracea cv. Giganthes、正学名:Portulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora 、別名:ポーチュラカ(Portulaca)、ヘラマツバボタン、ヒロハマツバボタン 、分類名:ナデシコ目スベリヒユ科スベリヒユ属、原産地:インド、草丈:3~15cm、花径:2~3cm、花色:赤、白、桃、橙、黄、開花期:6月~10月。

詳細情報

ナデシコ
スベリヒユ
スベリヒユ
ハナスベリヒユ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
3 ~ 15 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
キク_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

クワ_img
ストレリチア・ニコライ_img
ユキワリイチゲ_img
プリムラ・マラコイデス_img
ミズナス_img
アシズリノジギク_img
ウナズキヒメフヨウ_img
ツバキ ユーシェネンシス_img
イズアサツキ_img
熱帯睡蓮 ’ミセスエドワードホイテッカー’_img
オランダミミナグサ_img
コゴメオトギリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved