かぎけん花図鑑

シタキソウ

基本情報
花名
シタキソウ
英名
Jasminanthes mucronata
学名
Jasminanthes mucronata
別名
舌切草, オキナワシタキヅル, 沖縄舌切蔓, Jasminanthes mucronata
原産地
日本、,中国、台湾
生活型
常緑蔓性小高木
コメント
シタキソウ(舌切草、学名:Jasminanthes mucronata)は、日本、,中国、台湾原産で、キョウチクトウ科シタキソウ属の常緑蔓性小高木です。千葉県以西から九州・沖縄の海辺の山地に分布します。夏に、葉腋から集散花序を伸ばし、芳香のする白花を咲かせます。花は筒状で先端が5深裂します。
シタキソウ(舌切草)、学名:Jasminanthes mucronata、synonym : Stephanotis lutchuensis var. japonica、別名:オキナワシタキヅル(沖縄舌切蔓)、原産地:日本、,中国、台湾、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目キョウチクトウ科シタキソウ属、蔓長:10~12 m、単葉、葉柄:有り、葉形:卵形、葉身長:6~12 cm、葉幅;5~11 cm、葉質:皮質、葉縁:全縁、開花期:6月~7月、花序形:集散花序、花の出る場所:葉腋、花色:白、花冠形:筒状花で先端は5深裂、花冠径:4~6 cm、果実形:袋果、風媒花。
詳細情報
リンドウ
キョウチクトウ
シタキソウ
シタキソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸 低山
開花時期
6月 7月
高さ
1000  ~ 1200  [cm]
花径
4  ~ 6