シュッコンカスミソウ

  • シュッコンカスミソウ_img_0
    シュッコンカスミソウ @ 東京都内
  • シュッコンカスミソウ_img_1
    シュッコンカスミソウ @ 東京都内
  • シュッコンカスミソウ_img_2
    シュッコンカスミソウ @ 東京都内

基本情報

花名
シュッコンカスミソウ
英名
Gypsophila paniculata
学名
Gypsophila paniculata
別名
宿根霞草, Gypsophila paniculata
原産地
地中海、中央アジア、シベリア
生活型
耐寒性宿根草

コメント

シュッコンカスミソウとは

シュッコンカスミソウ(宿根霞草、学名:Gypsophila paniculata)は、地中海、中央アジア、シベリア原産で、ナデシコ科カスミソウ属の耐寒性多年草「カスミソウ」(霞草)の一品種です。八重咲きで、周年市場に出回ります。切り花や花壇に植えられます。宿根霞草の種類には、ブリストル・フェアリー(G. paniculata 'Bristol fairy')、ブリストル・フェアリー(G. paniculata 'Bristol fairy')、レッド・シー(G. paniculata 'Red Sea')、フラミンゴ(G. paniculata 'Flamingo')などがあります。

一般名:シュッコンカスミソウ(宿根霞草)、学名:Gypsophila paniculata、別名:ジプソフィラ・パニクラタス(G. paniculata)、コゴメナデシコ、ハナイトナデシコ(花糸撫子)、ベビーズブレス(babys-breath)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網ナデシコ目ナデシコ科カスミソウ属シュッコンカスミソウ属、原産地:地中海沿岸、株高:50~120cm、花序形:岐散花序(2出散花序)、花径:1cm、花色:白・桃・赤、開花期:周年。

詳細情報

ナデシコ
ナデシコ
カスミソウ
カスミソウ
花言葉
魅力を引き出す / Bring out the charm (04月04日, 04月15日, 06月01日, 11月30日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
2出集散花序
花弁の形
ナデシコ形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花鉢花
赤, ピンク, 白
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
50 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

ムシトリナデシコ_img
チトセカズラ_img
クマイチゴ_img
ナガミヒナゲシ_img
ライムポトス_img
匂い椿 '港の曙'_img
エピスキア・クプレアタ_img
クミン_img
アオノリュウゼツラン_img
牡丹 鎌田藤_img
キリタ・フィンブリセパラ_img
アリサンヒメバラン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved