ベロニカ・オックスフォードブルー

  • ベロニカ・オックスフォードブルー_img_0
    ベロニカ・オックスフォードブルー @ 箱根湿生植物園
  • ベロニカ・オックスフォードブルー_img_1
    ベロニカ・オックスフォードブルー @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
ベロニカ・オックスフォードブルー
英名
学名
Veronica peduncularis cv. oxford blue
別名
ベロニカ, オックスフォードブルー, Oxford blue, Veronica peduncularis
原産地
園芸品種
生活型
宿根草

コメント

ベロニカ・オックスフォードブルーとは

ベロニカ・オックスフォードブルー(Veronica peduncularis 'Oxford blue')は、オオバコ科クワガタソウ属の宿根草「Veronica peduncularis(ペドゥンクラリス)」の改良品種です。這性のベロニカ(Veronica)で、春~初夏に、青紫色の小花をカーペット状に広げます。冬には紅葉します。耐寒性、耐暑性に優れ、花壇のグランドカバーやロックガーデン、ハンギングバスケットに使われます。花が、野草のオオイヌノフグリに似ており、それより色が濃く、花が大きいです。花名の「オックスフォードブルー」とは、花色がオックスフォード大学のスクールカラーに似ていることに拠ります。

ここで、ベロニカ(Veronica)は、以前は、ゴマノハグサ科ベロニカ属でしたが、現在は、オオバコ科クワガタソウ属(ベロニカ属)に分類が変わりました。別植物と思う程、品種によって花の形が異なります。青く長い花穂のスピカータとロンギフォリアの交配種や、矮性で這性のペドゥンクラリスやその改良品種「オックスフォードブルー」が出回っています。

一般名:ベロニカ・オックスフォードブルー(Veronica peduncularis 'Oxford blue')、学名:Veronica peduncularis cv. Oxford blue、別名:ジョージアブルー・スピードウェル、ベロニカ・ジョージアブルー、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目オオバコ科クワガタソウ属(ベロニカ属)、原産地:欧州、草丈:5~20 cm、葉形:広卵形/ 卵状楕円形、葉縁:鋸歯、葉序:対生、雄蕊数:2、雌蕊数:1、花色:青、花径:1 cm、開花期:3月~6月。

詳細情報

シソ
オオバコ
クワガタソウ
ベロニカ・オックスフォードブルー
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
鉢花
開花時期
3月4月5月6月
高さ
5 ~ 20 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
ボダイジュ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

オキザリス ・トライアングラリス_img
シラサギカヤツリ_img
ムスカリ・アルメニアカム_img
オオアワダチソウ_img
ギョリュウバイ_img
シオザキソウ_img
バラ 'ブライダルピンク'_img
アメイシャ_img
ハリギリ_img
モモヤマダイコン_img
オタフクナンテン_img
ジャワニッケイ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved