スズムシソウ

  • スズムシソウ_img_0
    スズムシソウ @ 京都府立植物園
  • スズムシソウ_img_1
    スズムシソウ @ 京都府立植物園
  • スズムシソウ_img_2
    スズムシソウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
スズムシソウ
英名
Liparis makinoana
学名
Liparis makinoana
別名
鈴虫草, Liparis makinoana
原産地
日本、朝鮮半島、ロシア
生活型
多年草

コメント

スズムシソウとは

スズムシソウ(鈴虫草、学名:Liparis makinoana)は、日本、朝鮮半島、ロシア原産で、ラン科クモキリソウ属の多年草です。日本では北海道~九州の山地の林床に生えます。稜の有る花茎が直立します。長楕円形の葉を2枚出します。葉には縦方向に明瞭な主脈があります。葉縁には鋸歯が有り波打ちます。葉の間から、春~初夏に、花序を出し淡紫褐色の花を10輪ほど疎らに咲かせます。唇弁の形と細い2本の側萼片は鈴虫の脚のように見えます。

共同名:スズムシソウ(鈴虫草)、学名:Liparis makinoana、分類名:植物界被子植物単子葉植物ラン目ラン科クモキリソウ属スズムシソウ種、草丈:10 - 20 cm、葉形:長楕円形、開花期:4月~6月、花径:3 cm。

詳細情報

ラン
ラン
クモキリソウ
スズムシソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室植物園鉢花
開花時期
4月5月6月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
3 ~ 3

アクセスランキング(日別)

キク_img
ムユウジュ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ハクサンチドリ_img
タイトゴメ_img
マーガレット・サンデーリップル_img
タカナ_img
タイリンオオアマナ_img
ヒオウギアヤメ_img
オキナワハイネズ_img
トライアンファーター_img
グロリオサ_img
グズマニア・マグニフィカ_img
プリムラ・ポリアンサ_img
テトラネマ・ロセウム 'アルバ'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved