かぎけん花図鑑

カーネーション

基本情報
花名
カーネーション
英名
Carnation
学名
Dianthus caryophyllus
別名
オランダセキチク, Carnation, 阿蘭陀石竹
原産地
園芸品種(原種は南欧や地中海沿岸)
生活型
耐寒性多年草
コメント
カーネーション(Carnation、学名:Dianthus caryophyllus)は、南欧原産で、ナデシコ科ナデシコ属の耐寒性多年草です。原種とセキチク等を交配して育種された園芸品種です。近年、盛んに遺伝子組換えで作出された新種が出回っています。系統的に分類すると、スタンダードタイプ、スプレータイプ、ポットタイプの3種類があります。スタンダードカーネーションは重弁の花を一茎に一個つけ、主として切花用とされます。スプレーカーネーションは茎が枝分かれしたものでスタンダードタイプと同様、切花として出回ります。ポットカーネーションは一季咲きや四季咲きの矮性品種で鉢花用とされます。春に八重花を咲かせます。花色は、赤、白、ピンク、紫、黄色など豊富です。カーネーションと言えば、赤は母の日の花の贈り物の定番とされます。母の日は、毎年5月第2週日曜日と、1914年に米国のキリスト協会で制定され、その後日本に普及しました。母の日の制定には、米国に住んでいたアンナ・ジャーヴィスさんという女性が関係します。彼女は、尊敬する母親が亡くなって教会で追悼式が開かれた時に母親が好きだったカーネーションを捧げ、母親のための祝日を作る運動を始めました。彼女のお母さんは南北戦争時代に医療奉仕を行い敵味方無く手厚く介抱を行ったそうです。追悼式の時に捧げたカーネーションの色は故人を追悼する意味で白でした。母の日が始まりカーネーションを贈る習慣が出来た時、亡くなった方には白、存命の方には赤と、アンナさんから提案があったそうです。
■花言葉-赤いカーネーションは、「母への愛」。ピンクのカーネーションは、「美しいしぐさ」。
一般名:カーネーション(Carnation)、学名:Dianthus caryophyllus、別名:オランダセキチク(阿蘭陀石竹)、オランダナデシコ(阿蘭陀撫子)、ジャコウナデシコ(麝香撫子)、分類名:植物界被子植物真性双子葉類ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属、 原産地:園芸品種(原種は南欧や地中海沿岸)、草丈:10〜30 cm、開花期:4月~5月、花径:3〜8 cm、花色:赤・桃 ・黄 ・白 ・橙 ・紫。
詳細情報
ナデシコ
ナデシコ
ナデシコ
カーネーション
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
歯状
鑑賞場所
庭 切り花・生け花 鉢花
赤, ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
4月 5月
高さ
10  ~ 30  [cm]
花径
3  ~ 8