キョウチクトウ

  • キョウチクトウ_img_0

    キョウチクトウ @ 江東区

  • キョウチクトウ_img_1

    キョウチクトウ @ 若洲

  • キョウチクトウ_img_2

    キョウチクトウ @ 若洲

  • キョウチクトウ_img_3

    キョウチクトウ @ 若洲

  • キョウチクトウ_img_4

    キョウチクトウ @ 若洲

  • キョウチクトウ_img_5

    キョウチクトウ @ 江東区

基本情報

花名
キョウチクトウ
英名
Nerium
学名
Nerium oleander.var. indicum
別名
半年紅, 夾竹桃, Nerium Oleander, Nerium, Oleander
原産地
インド
生活型
非耐寒性常緑小高木

コメント

キョウチクトウ(夾竹桃、学名:Nerium oleander.var. indicum )は、インド原産でキョウチクトウ科キョウチクトウ属の非耐寒性常緑小高木です。梅雨時から晩夏、花序に芳香のある小花を多数集めて咲かせます。花の咲き方には、一重や八重、大輪などの園芸品種が多数育種されています。葉は緑色で細長く光沢があり輪生に付きます。民間療法として打撲への薬効が知られます。公害にも耐えるので街路樹として植えれています。しかし、反面、心臓発作や下痢、痙攣などを引き起こす毒性が強い植物です。同属に黄色い花を咲かせるキバナキョウチクトウ(黄花夾竹桃)もあります。

一般名:キョウチクトウ(夾竹桃) 、学名:Nerium oleander.var. indicum、別名:Nerium Oleander、半年紅、ミフクラギ(目膨木)、Adelfa, Rose laurel、分類名:植物界被子植物真正双子葉類目リンドウキョウチクトウ科キョウチクトウ属 、原産地:インド、生活型:非耐寒性常緑小高木、樹高:300〜500cm、単葉、葉長:6〜20cm、葉形:長楕円形、両性花、放射相称、花序:集散花序、花弁:筒状で5裂、開花期:6月〜9月、花色:赤・紫紅・桃・白、花径:4〜5cm、子房:上位、種子形:角状、種子色:褐色、備考:全草が有毒、風媒花。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
キョウチクトウ
キョウチクトウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域街路、植栽
赤, ピンク, 白
開花時期
6月7月8月9月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
4 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ドウダンツツジ_img
ホウセンカ_img

ランダムな花

オムロアリアケ_img
セロリ_img
シャゼンムラサキ_img
センペルビブム・アラクノイデウム_img
花菖蒲  ’五節舞’_img
ミヤマクワガタ_img
バラ 'ザ ダーク レディー'_img
アツバキミガヨラン_img
カシューナッツ_img
アリウム・ギガンテウム_img
ヨモギギク_img
カロ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved