キンシバイ

  • キンシバイ_img_0
    キンシバイ @ 谷津干潟
  • キンシバイ_img_1
    キンシバイ @ 谷津干潟
  • キンシバイ_img_2
    キンシバイ @ 谷津干潟

基本情報

花名
キンシバイ
英名
Hypericum patulum
学名
Hypericum patulum
別名
クサヤマブキ, 金糸梅, 草山吹, Hypericum patulum, Tall St. John's wort, ヒペリカム・パツラム
原産地
中国
生活型
常緑低木

コメント

キンシバイとは

キンシバイ(金糸梅、学名:Hypericum patulum)とは、中国原産で、オトギリソウ科オトギリソウ属の耐寒性常緑低木です。夏に、単頂花序に艶のある黄色い丸味のある五弁花を咲かせます。木は分枝が多く株立ちし、赤味を帯びた細長い枝は枝垂れます。雄蕊が多数集合して5個の塊を型作っています。葉は長楕円形で、枝に対生に付きます。花名のキンシ(金糸)とは長い雄蕊のことで、花弁がウメ(梅)に似ていることから名づけられました。古くから庭木や植栽、公園樹、花材に使われています。キンシバイの園芸品種に、タイリンキンシバイ(大輪金糸梅、ヒペリカム・ヒドコート、学名:Hypericum patulum cv. Hidcote)があり、キンシバイより花弁が大きく黄色味が強く、雄シベが短く、葉は大きいです。

一般名:キンシバイ(金糸梅)、学名:Hypericum patulum、別名:クサヤマブキ(草山吹)、ヒペリカム・パツラム(Hypericum patulum)、Tall St. John's wort、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ツバキ目オトギリソウ科オトギリソウ属キンシバイ種、
原産地:中国、生息分布:本州〜沖縄、樹高:1m、生活型:常緑低木、葉形:卵状長楕円形、葉長:2cm、葉序:対生、花色:黄、花弁数:5枚、花径:5cm、開花期:5月〜7月、果実型:朔果、果実形:卵形。

詳細情報

キントラノオ
オトギリソウ
オトギリソウ
キンシバイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園公園
開花時期
5月6月7月
高さ
100 ~ 100 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
サンボウカン_img

ランダムな花

エゾオヤマリンドウ_img
モッコク_img
チャメドレア・エレガンス_img
花菖蒲  ’千歳’_img
バラ 'ザ ダーク レディー'_img
クチナシ_img
エゾカンゾウ_img
Corydalis_img
オウカンリュウ_img
ゼラニウム_img
ミチノクフクジュソウ_img
シンテッポウユリ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved