ヒペリカム・ヒドコート

Hypericum patulum cv. hidcote

  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • ヒペリカム・ヒドコート
  • 花名
    ヒペリカム・ヒドコート
  • 学名
    Hypericum patulum cv. hidcote
  • 別名Hypericum Hidcote, タイリンキンシバイ, Tall St. John's wort, 大輪金糸梅, ヒペリカム, ヒペリカム・パツラム‘ヒドコート’
  • 原産地園芸品種、(中国)
  • 開花場所庭, 植物園, 公園
  • 開花期5月, 6月, 7月
  • 花言葉煌き

ヒペリカム・ヒドコートとは

ヒペリカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote、学名:Hypericum patulum cv. Hidcote)は中国原産で、オトギリソウ科の耐寒性半落葉低木「キンシバイ(金糸梅、学名:Hypericum patulum」の園芸品種です。タイリンキンシバイ(大輪金糸梅)とも言います。葉は楕円形で全縁、緑色で秋には紅葉します。単頂花序を伸ばして黄色い小花を多数付けます。各花は濃黄色で光沢があり丸味のある五弁花で平開します。
金糸梅(H. patulum)とよく似ていますが比較すると、ヒドコート(H. Hidcote)は花弁が大きく、花色の黄色味も強く、葉も大きいです。葉序は金糸梅(H. patulum)が2列対生であるのに対し、ヒドコート(H. Hidcote)は十字対生に付きます。ヒドコート(H. Hidcote)は、セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)とも似ています。

和名:ヒペリカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)、学名: Hypericum patulum cv. Hidcote、別名:タイリンキンシバイ(大輪金糸梅)、ヒペリカム・パツラム‘ヒドコート’、Tall St. John's wort、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目オトギリソウ科オトギリソウ属タイリンキンシバイ種、原産地:中国、生息(植栽)、分布:北海道~沖縄、生活型:半落葉低木、樹高:50-100cm、葉形:楕円形、葉色:緑→黄→赤(秋に紅葉)、葉序:十字対生、葉身長:3~6 cm、開花期:5月~7月、花色:濃黄、花径:5~8 cm、花の咲く向き:上向き、用途:公園樹、庭園樹、繁殖方法:挿し木。


  • キントラノオ
  • オトギリソウ
  • オトギリソウ
  • タイリンキンシバイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性半落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径5.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花