トモエソウ

Hypericum ascyron

  • トモエソウ
  • トモエソウ
  • トモエソウ
  • トモエソウ
  • トモエソウ
  • トモエソウ
  • 花名
    トモエソウ
  • 学名
    Hypericum ascyron
  • 別名クサビヨウ, 巴草, 草未央, ヒペリカム・アスキロン, Great St. Johnswort, Hypericum ascyron
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期7月, 8月, 9月

トモエソウとは

トモエソウ(巴草、学名:Hypericum ascyron)は、日本原産で、オトギリソウ科オトギリソウ属の耐寒性多年草の野草です。草地や河原に自生します。茎は無毛で4稜性です。葉は被針形で対生につき、基部で茎を抱きます。夏に、茎上部が分枝し、単頂花序を伸ばし、黄色い巴形(コンマ,のような形)を5枚束ねたような五弁花を咲かせます。花は一日花です。全く似ていない植物ですが、ヴェルクレア フェロックス(学名:Wercklea ferox)は巴型に花を咲かせます。

一般名:トモエソウ(巴草)、学名:Hypericum ascyron、別名:Great St. Johnswort、クサビヨウ(草未央)、ヒペリカム・アスキロン(Hypericum ascyron) 、原産地:日本、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キントラノオ目オトギリソウ科オトギリソウ属 、生活型:宿根草(耐寒性多年草) 、茎丈:50~130cm 、葉形:長楕円形~被針形、葉身:4~8cm、葉色:緑→紅葉→落葉、葉序:対生、花径:4~6cm、開花期:7月~9月、花色:黄、花形:風車型、雌蕊数:1で5心皮、雄蕊数:13本以上、花糸色:黄、果実型:蒴果、果実形:円錐形。


  • キントラノオ
  • オトギリソウ
  • オトギリソウ
  • トモエソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色白 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 130.0 cm
  • 花径4.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花