クルクマ・ルベスケンス

Curcuma

  • クルクマ・ルベスケンス_img_0
    クルクマ・ルベスケンス @ 神代植物公園
  • クルクマ・ルベスケンス_img_1
    クルクマ・ルベスケンス @ 神代植物公園
  • クルクマ・ルベスケンス_img_2
    クルクマ・ルベスケンス @ 神代植物公園

基本情報

花名
クルクマ・ルベスケンス
英名
Curcuma lubesken
学名
Curcuma rubescens
別名
ルビー・ジンジャー, Curcuma rubescens, クルクマ
原産地
インドなどの東南アジア〜オーストラリア
生活型
多年草

コメント

クルクマ・ルベスケンスとは

クルクマ・ルベスケンス(学名:Curcuma rubescens)は、インドなどの東南アジア〜オーストラリア原産で、ショウガ科ウコン属の多年草です。ウコン属で主に花を観賞するものをクルクマと呼びます。ウコン属で主に根茎をハーブや薬草にするものをウコンと呼びます。
クルクマ・ルベスケンスは茎が鮮赤紫色をしているのが特徴です。夏に、穂状花序を伸ばし花のように見える薄桃色の苞が立ち上がり、その間から本当の花である黄色い小花を咲かせます。
同属の薬用となるウコンには、秋ウコン(秋鬱金=ウコン、学名:Curcuma longa)や、春ウコン(春鬱金、学名:Curcuma aromatica)があります。

一般名:クルクマ・ルベスケンス(Curcuma rubescens)、学名:Curcuma rubescens、別名:ルビー・ジンジャー、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ショウガ目ショウガ科ウコン属(クルクマ属)、原産地:インドなどの東南アジア〜オーストラリア、生活型:多年草(球根植物)、草丈:200 cm、葉の主脈色:赤、開花期:夏、花色:薄桃色(実際にはこれは苞葉で、本当の花は苞葉の隙間から除く小さくて黄色いもの)。

詳細情報

ショウガ
ショウガ
ウコン
クルクマ・ルベスケンス
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
線形
葉の縁
波状
鑑賞場所
植物園海外(亜)熱帯地域
ピンク
開花時期
7月8月
高さ
200 ~ 200 [cm]
花径
3 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サルビア・レウカンサ_img
ホワイトパウダーパフ_img
シャコバサボテン_img
アメリカシャガ_img

ランダムな花

ゴクラクチョウカ_img
セイヨウオニアザミ_img
ハシリドコロ_img
モミジルコウ_img
ハナニラ_img
サルビア・ミクロフィラ_img
ヒメガマ_img
トリトマ_img
クリンユキフデ_img
シナマンサク_img
テングサ(天草)_img
キバナアマ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved