かぎけん花図鑑

グレヴィレア

基本情報
花名
グレヴィレア
英名
Grevillea banksii
学名
Grevillea banksii
別名
グレビレア, ハゴロモノマツ, ベニバナハゴロモノキ, Red silky oak, レッド・シルキィ・オーク, Grevillea, 紅花羽衣の木, 羽衣の松, Grevillea banksii
原産地
オーストラリア〜ニューカレドニア
生活型
半耐寒性常緑低高木
コメント
グレヴィレア(Grevillea、学名:Grevillea banksii)は、オーストラリア〜ニューカレドニア原産で、ヤマモガシ科シノブノキ属(グレヴィレア属)の半耐寒性常緑低高木です。和名では、ハゴロモノマツ(羽衣の松)やベニバナハゴロモノキ(紅花羽衣の木)と呼ばれます。
緑色の葉は松葉のようで切れ込みが深いです。赤い絹糸が多数集まったような集合花を1年中(四季咲き)咲かせます。実際には、この花のように見えるものは総苞です。
グレヴィレアの品種には、ハゴロモノマツやレッドクロード、ピグミーダンサーがあります。写真はロビン・ゴードン(Grevillea Robyn Gordon)でグレヴィレアの交配品種です。
一般名:グレヴィレア・ロビン ゴードン(Grevillea Robyn Gordon)、 学名:Grevillea banksii(グレヴィレア バンクシー)、 別名:グレビレア(Grevillea)、ハゴロモノマツ(羽衣の松)、ベニバナハゴロモノキ(紅花羽衣の木)、Red silky oak(レッド・シルキィ・オーク)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ヤマモガシ目ヤマモガシ科シノブノキ属(グレヴィレア属)、原産地:オーストラリア〜ニューカレドニア、生活型:半耐寒性常緑低高木、樹高:20 cm〜10 m、葉形:針形/線形、葉序:互生、葉縁:全縁、花序形:総状花序/円錐花序、花序径:4〜15 cm、開花期:一年中(ハワイ)、11月〜翌年4月(日本)、花色(萼色):赤・薄黄・黄・桃・白、果実型:堅果、繁殖:挿し木、用途:庭植え、鉢植え。
詳細情報
ヤマモガシ
ヤマモガシ
シノブノキ
グレヴィレア
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
赤, ピンク, クリーム, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月 12月
高さ
20  ~ 1000  [cm]
花径
4  ~ 15