かぎけん花図鑑

ツルウメモドキ

基本情報
花名
ツルウメモドキ
英名
Oriental bittersweet
学名
Celastrus orbiculatus
別名
Japanese bittersweet, 蔓梅擬
原産地
東アジア
生活型
落葉蔓性木本
コメント
ツルウメモドキ(蔓梅擬、学名:Celastrus orbiculatus )は、ニシキギ科ツルウメモドキ属の落葉蔓性木本です。北海道〜沖縄の山野に自生します。雌雄異株です。晩春、葉腋から出た集散花序に薄黄緑色の小花を多数咲かせます。秋に、黄色い小さな果実が成り、皮が3つに割れて、中から鮮橙色や赤い仮種皮に被われた種子が現れます。
和名は、蔓性植物で、ウメ(梅)やウメモドキ(梅擬)に似ていることから命名されました。
一般名:ツルウメモドキ(蔓梅擬)、学名:Celastrus orbiculatus 、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱ニシキギ目ニシキギ科ツルウメモドキ属、別名:Japanese bittersweet、原産地:東アジア、生息分布:日本の北海道〜沖縄、環境:山野、生活型:落葉蔓性木本、蔓丈:2~5m、蔓:無毛、蔓表皮色:紫色を帯びた褐色、葉形:楕円形、葉縁:細かい鋸歯、葉序:互生、葉色:緑→黄葉(秋)、雌雄異株、放射相称、子房:上位、花色:薄黄緑、花序形:集散状花序、花弁数:5枚、萼片数:5枚、雄蕊数:5枚、開花期:5月〜6月、果実色:黄色、果実型:蒴果、果実色:薄黄、仮種皮色:赤、繁殖:鳥、用途:庭木、生垣、生け花、装飾、野鳥の餌
詳細情報
ニシキギ
ニシキギ
ツルウメモドキ
ツルウメモドキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
開花時期
5月 6月
高さ
200  ~ 500  [cm]
花径
0.3  ~ 0.6