チャメドレア・エレガンス

  • チャメドレア・エレガンス_img_0
    チャメドレア・エレガンス @ 不明
  • チャメドレア・エレガンス_img_1
    チャメドレア・エレガンス @ 東京都薬用植物園

基本情報

花名
チャメドレア・エレガンス
英名
Shimatonerico elegance
学名
Chamaedorea elegans
別名
テーブルヤシ, Chamaedorea elegance
原産地
メキシコ、グアテマラなどの中・南米
生活型
耐陰・耐寒性常緑低木

コメント

チャメドレア・エレガンスとは

チャメドレア・エレガンス(学名:Chamaedorea elegans)は、ヤシ科チャメドレア属の耐陰・耐寒性の常緑低木です。普通に見られるグアテマラなどの中・南米原産のヤシです。 茎は細く単幹で成長します。 大きくなっても2m程の小型椰子で、テーブルヤシの名で知られます。 室内でテーブルの上にものせられるのが名前の由来です。 幹は1本で葉鞘が密につき、10cm程の長さで緑色・艶無しの披針形をした小葉が左右に14枚ずつ羽状複葉となります。春に、20cm程伸びた肉穂花序に黄色い果実のような小花を多数付けます。雌雄異株で雄株と雌株に分かれ近くに植えることで受精します。花後に黒紫色の楕円形の果実が結実します。用途は屋内用観葉植物とされます。同属にチャメドレア・セイフリジー(Chamaedorea seifrizii)があります。

一般名:チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegance)、 
学名:Chamaedorea elegans、 
別名:テーブルヤシ、チャメドレア、チャマエドレア、分類名:植物界被子植物単子葉類ヤシ目ヤシ科チャメドレア属チャメドレア・エレガンス種、原産地:メキシコ、グアテマラなどの中・南米、生活型:耐陰・耐寒性常緑低木、単幹、 樹高:100〜200cm、茎径:2cm、葉色:艶の無い緑色、 葉形:小葉は披針形で羽状複葉につく、葉長:40cm、 小葉長:16cm、小葉数:左右14枚毎ずつ、雌雄異株、 花序形:肉穂花序、花色:黄、花序長:20cm、果実色:赤橙→黒紫色、果実形:楕円形、 
用途:屋内用観葉植物。

詳細情報

ヤシ
ヤシ
チャメドレア
チャメドレア・エレガンス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室(亜)熱帯地域海外
開花時期
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

オオオニバス_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ムギクサ_img
マツヨイグサ_img
マカデミア_img
ビオラ ウィットロキアナ 'ソルベ ラベンダーアイス'_img
ノコンギク_img
ポプラ_img
キヨミ_img
エルサレムセージ_img
アスタルテア・ファッシキュラリス_img
額紫陽花 ポージーブーケ ララ_img
タマザキクサフジ_img
タギョウショウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved