かぎけん花図鑑

トネアザミ

基本情報
花名
トネアザミ
英名
Cirsium incomptum
学名
Cirsium incomptum
別名
タイアザミ, 利根薊, 泰薊
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
トネアザミ(利根薊、学名:Cirsium incomptum)は、日本固有種でキク科アザミ属の多年草です。秋に、日本では関東や中部などの山野で普通に見られる赤紫色の薊です。和名は、特に利根川流域に多く自生しているので付けられました。葉は細長い楕円状披針形で、葉縁は深裂または浅裂します。棘が長く出ており触ると痛いです。頭花は総状に付きます。濃紅色の蕾は開花後に、淡紅紫色となります。盛りを過ぎると脱色し白くなります。羽毛が飛散した後は、茶色に変色します。花の向きは、横向きか、茎が倒れている場合は上向きに咲きます。
一般名:トネアザミ(利根薊)、学名:Cirsium incomptum、Cirsium nipponicum var. incomptum 、分類:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科トネアザミ属(ナンブアザミ変種)、別名:タイアザミ(泰薊)、原産地:日本、分布:関東や中部、近畿の本州の太平洋側、環境:山野、草丈:1.5~2m、葉形:披針形、葉縁:羽披針形、花序:頭状花、花色:赤紫・青紫、花弁:無し、花形:管状花、花径:3cm、開花期:9月~11月、果実型:痩果、果実径:0.2cm、備考:風媒花。
詳細情報
キク
キク
アザミ
トネアザミ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
管状形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
野原・畦道 低山
開花時期
9月 10月 11月
高さ
150  ~ 200  [cm]
花径
2.5  ~ 3