ツバキ アカシガタ

Camellia japonica cv. akashigata

ツバキ園芸品種

  • ツバキ アカシガタ
  • ツバキ アカシガタ
  • ツバキ アカシガタ
  • ツバキ アカシガタ
  • ツバキ アカシガタ
  • ツバキ アカシガタ
  • 花名
    ツバキ アカシガタ
  • 学名
    Camellia japonica cv. akashigata
  • 別名明石潟, Akashigata, 椿, ツバキ
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 公園, 鉢花
  • 開花期3月, 4月

ツバキ アカシガタとは

ツバキ アカシガタ(椿 明石潟、Akashigata、学名:Camellia japonica cv. Akashigata)は、江戸時代から栽培されているヤブツバキの古典種です。花色は明紅色で、大輪の花を咲かせ、日本種では花径が最大となる品種の一つです。

一般名:ツバキ アカシガタ(椿 明石潟、Akashigata)、学名:Camellia japonica cv. Akashigata、
藪椿園芸品種 江戸椿、常緑低木:1~3m、長楕円形葉形、単項花序、互生葉序、明紅色、極大輪(13cm以上)、八重咲き、平開、筒蕊、開花期:3月~4月。


  • ツツジ
  • ツバキ
  • ツバキ
  • ツバキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径3.0 ~ 15.0 cm

ランダムな花