ツバキ シラタマ

Camellia japonica 'shiratama'

ツバキ園芸品種、江戸古典

  • ツバキ シラタマ
  • ツバキ シラタマ
  • ツバキ シラタマ
  • ツバキ シラタマ
  • ツバキ シラタマ
  • ツバキ シラタマ
  • 花名
    ツバキ シラタマ
  • 学名
    Camellia japonica 'shiratama'
  • 別名椿 白玉, Camellia japonica, shiratama
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」

ツバキ シラタマとは

椿「シラタマ、白玉、Shiratama、学名:Camellia japonica 'Shiratama')はツバキの園芸品種で、白、一重、抱え咲き、筒しべ、中輪(花径4~6 cm)、蕾が丸い、10月~3月咲です。江戸期からの古典品種で 京都の名椿の一つ。茶花、切り花として人気が有る。茶席の白花は、「白玉」と言われるくらい、椿の銘花。


  • ツツジ
  • ツバキ
  • ツバキ
  • ツバキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径4.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花