エゾノコウボウムギ

Carex macrocephala

  • エゾノコウボウムギ
  • エゾノコウボウムギ
  • 花名
    エゾノコウボウムギ
  • 学名
    Carex macrocephala
  • 別名蝦夷の弘法麦
  • 原産地北海道東岸~東アジア北部~北米西海岸
  • 開花場所海岸
  • 開花期5月, 6月, 7月

エゾノコウボウムギとは

エゾノコウボウムギ(蝦夷の弘法麦、学名:Carex macrocephala)は、北海道東岸~東アジア北部~北米西海岸原産で、カヤツリグサ科スゲ属の海岸性多年草です。日本では北海道東部の海岸に自生します。コウボウムギと似ていますが葉鞘の色が濃い黄緑色で、果胞の嘴は黒褐色で硬く尖ります。雌花は錆色をしています。

共同名:エゾノコウボウムギ(蝦夷の弘法麦)、学名:Carex macrocephala、草丈:10-20 cm、開花期:5月~7月、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目カヤツリグサ科スゲ属、葉色:黄緑色、雌雄異株、花序長:4-6 cm、花色:茶色、開花期:5-7月、果胞色:黒褐色。


  • イネ
  • カヤツリグサ
  • スゲ
  • エゾノコウボウムギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型海岸性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花