コウボウシバ

Carex pumila

  • コウボウシバ
  • コウボウシバ
  • 花名
    コウボウシバ
  • 学名
    Carex pumila
  • 別名弘法芝
  • 原産地東アジア
  • 開花場所海岸
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月

コウボウシバとは

コウボウシバ(弘法芝、学名:Carex pumila)は、北海道〜九州の日本など東アジア原産でイネ目カヤツリグサ科スゲ属の多年草です。海岸の砂地に群生し、地下茎を張ることで砂を抑えるとともに風で飛ばされない構造をしています。花序は、1花〜多数花から成る小穂(apikelet, spicule)を単位とする複穂状花序(compound spike)です。雌雄同種で、春から初夏、茎頂部に緑色の雄小穂を、葉腋に円柱形の雌小穂を付けます。夏に雄小穂は茶色に変色します。似た野草にコウボウムギがありますが、コウボウムギの方が果実は大きいです。

一般名コウボウシバ(弘法芝)、学名:Carex pumila、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目カヤツリグサ科スゲ属コウボウシバ種、生息地:北海道〜九州の日本など東アジア、生活環境:海岸の砂地、生活型:多年草、草丈:10〜20cm、葉:線形、葉色:緑、雌雄同種、花序形:小穂からなる複穂状花序、開花期:4月〜7月。


  • イネ
  • カヤツリグサ
  • スゲ
  • コウボウシバ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花