ヒノキ

Chamaecyparis obtusa

  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • 花名
    ヒノキ
  • 学名
    Chamaecyparis obtusa
  • 別名Hinoki cypress, 桧
  • 原産地日本、台湾
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「不滅」「不老」

ヒノキとは

ヒノキ(桧、檜、ひのき、学名:Chamaecyparis obtusa)は、日本や台湾原産で、ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉高木です。葉裏に蝋で出来た白いY字状の気孔があります。葉に殺菌効果があり、彩りや、クッションとして、また水分補給のため、松茸や干物などの食品の下に敷かれます。
ヒノキと似た木に、サワラ(椹、学名:Chamaecyparis pisifera)などがあります。両者の違いは、葉裏の気孔付近にある白い蝋状のものの形で見分けられます。この白い蝋状のものは加熱すれば無色となるので、気温や湿度の環境変化に対応して葉を保護しているようです。高級な木材ですが、春に飛翔する花粉が花粉症の原因の一つとされます。

一般名:ヒノキ(桧、檜、ひのき)、学名:Chamaecyparis obtusa、別名:Hinoki cypress、分類名:植物界裸子植物門マツ綱マツ目ヒノキ科ヒノキ属、原産地:日本、台湾、生活型:常緑針葉高木、樹高:10~50m、樹皮:赤褐色、葉序:十字対生、葉身長:0.1~0.3 cm、雌雄同株、雄花:枝先に単生し長さ0.3 cm程の赤い楕円形、雌花:枝先に付き長さ0.5 cm程の球形、花色:薄紫、褐色、開花期:3月~4月、果実形:球果、果実直径:1 cm、結実期:10月~11月、用途:風呂材、屋根材、建材。

●ヒノキと似ている木
以下のものがありますが、葉である程度識別できます。

アスナロ:鱗片状の小葉がヒノキより大きい。
サワラ:ヒノキに良く似ているが葉裏の気孔にある白い蝋状のものが蝶型。
ヒノキ:葉裏の気孔にある白い蝋状のものがY型。


  • マツ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    舌状
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑針葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 5000.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花