タチバナ

Citrus tachibana

  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • タチバナ
  • 花名
    タチバナ
  • 学名
    Citrus tachibana
  • 別名Citrus tachibana, 橘, tachibana
  • 原産地日本固有種
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 植物園, 墓地・寺院, 鉢花
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉「追憶」

タチバナとは

タチバナ(橘、学名:Citrus tachibana)は日本固有種で、ミカン科ミカン属の常緑広葉低木です。
古事記や日本書紀、万葉集にも登場する神聖な木として古来から愛でられていました。しかし、現代では海岸沿いの山地に稀に自生するだけです。
野生のミカンで、幹は褐色で、緑色の若枝には棘があります。葉は皮質で硬く光沢があり、傷つけると爽やかな香りがあります。
晩春から初夏に、葉腋から小さな白い五弁花を咲かせます。秋~初冬に、黄色い小さな果実を成らせますが酸っぱくて生食はできません。
用途は、庭植、鉢植え、切花、果実酒、ジャム、調味料、葉や花を文様や家紋のデザインとされます。

似た名前の木


ジュウリョウ(十両)=ヤブコウジ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)は別名で「ヤマタチバナ」と呼ばれます。


万葉集 第6巻 第1009番歌


作者:聖武天皇(しょうむてんのう)
題詞:冬十一月左大辨葛城王等賜姓橘氏之時御製歌一首
天平8年11月(西暦736年12年)、左大辨 葛城王らに橘氏の姓を賜った時に聖武天皇が詠まれた歌一首


原文


橘者 實左倍花左倍 其葉左倍 枝尓霜雖降 益常葉之樹


よみ


橘(たちばな)者(は) 實左倍(実さへ)左倍(花さへ) 其葉左倍(その葉さへ) 枝(え)尓(に)霜(しも)雖降(降れど) 益(いや)常葉(とこは)之(の)樹(木)

橘は 実さへ花さへ その葉さへ 枝(え)に霜(しも)降れど いや常葉(とこは)の木


意味


橘(たちばな)は、実や花やその葉までも優れていますが 枝に霜(しも)が降っても 益々栄える常葉の木ですね。

臣籍降下した葛城王らに「橘氏」という氏姓を与えた時に聖武天皇が詠んだ歌で、もの凄いヨイショを感じますね。

一般名:タチバナ(橘)、学名:Citrus tachibana、又名:ニッポンタチバナ、ハヤタチバナ、ヤマトタチバナ、タチボ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ミカン科ミカン属、樹高:2~6 m、樹皮:褐色、枝色:緑色、葉質:皮質、固く、光沢有り、葉色:濃緑色、葉長:3~6 cm、葉形:楕円形~長卵形、葉序:互生、葉縁:全縁、花径:2 cm、花色:白、花冠形:五弁花、開花期:5~6月、果実径:3 cm、果皮質:滑らか、果皮色:黄色、果実型:偏球形、果実期:11~12月、用途:庭植、鉢植え、切り花、果実酒、ジャム、調味料、デザイン(家紋や文様)。


  • ムクロジ
  • ミカン
  • ミカン
  • タチバナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 600.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花