コシジオウレン

Coptis trifoliolata

  • コシジオウレン
  • コシジオウレン
  • コシジオウレン
  • コシジオウレン
  • 花名
    コシジオウレン
  • 学名
    Coptis trifoliolata
  • 別名ミツババイカオウレン, 越路黄蓮, 三つ葉梅花黄連, Coptis trifoliolata
  • 原産地日本
  • 開花場所高山, 亜高山, 鉢花
  • 開花期2月, 3月, 4月, 5月
  • 花言葉変身

コシジオウレンとは

コシジオウレン(越路黄蓮、学名:Coptis trifoliolata)は、キンポウゲ科オウレン属での耐寒性多年草「オウレン(黄蓮、学名:Coptis japonica)」の仲間です。 雌雄異株です。根茎が黄連と言う漢方薬の材料となります。葉は3枚で、ウメ(梅、学名:Prunus mume) に似た花を咲かせます。春に、細長く伸びた茶色い茎先端に白い単頂花を咲かせます。同じく葉が3枚の花にミツバオウレン(三つ葉黄連)があります。バイカオウレン(梅花黄連)も梅に似た花を咲かせますが、葉が5枚なので見分けられます。


オウレンの種類


薬草として知られるオウレンの仲間には以下があります。

オウレン(黄連、学名:Coptis japonica)ー薬草として知られる
キクバオウレン(菊葉黄連、学名:Coptis japonica var. anemonifolia)ー両性花、一回三出複葉。葉が菊葉に似ている
バイカオウレン(梅花黄連、学名:Coptis quinquefolia)-花が梅に似ている
コシジオウレン(越路黄蓮、学名:Coptis trifoliolata)
コセリバオウレン(小芹葉黄連、学名:Coptis japonica var. japonica)ー三回三出複葉、
セリバオウレン(芹葉黄連、学名:Coptis japonica var. dissecta)-二回三出複葉。葉がセリに似ている

一般名:コシジオウレン(越路黄蓮)、学名:Coptis trifoliolata、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科オウレン属、別名:ミツババイカオウレン(三つ葉梅花黄連)、生活型:耐寒性多年草、分布:本州中部以北の日本海側、環境:(亜)高山の湿原、草丈:10~15 cm、葉形:根生3出複葉 小葉形:倒卵状で3浅裂、葉縁:上半分に浅い鋸歯、雌雄異株、花径:1.5 cm、開花期:2月~5月、花色(実際は萼色):白、萼片数:5個あり反返る、花序:単頂花序、雌蕊:10個。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • オウレン
  • コシジオウレン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑多年草。亜~高山の湿原
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花