キンロバイ

Dasiphora fruticosa

  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • 花名
    キンロバイ
  • 学名
    Dasiphora fruticosa
  • 別名金露梅, shrubby cinquefoil, golden hardhack
  • 原産地北半球
  • 開花場所高山, 亜高山, 公園
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月
  • 花言葉短い恋

キンロバイとは

キンロバイ(金露梅、学名:Dasiphora fruticosa)は、北半球に自生するバラ科キンロバイ属の耐寒性落葉小低木です。北海道、本州、四国、九州の日本の(亜)高山の瓦礫地に自生します。奇数羽状複葉に小さな葉をつけます。初夏~夏、茎頂又は葉腋から、集散花序を伸ばし、黄色い、梅花に似た5弁花を咲かせます。種小名の fruticosa はギリシャ語で(低木状の)を意味します。花言葉は、「短い恋」。花名の由来は、一輪の花の寿命が短いことに拠るのかもしれません。しかし、幸いなことに、花期が長く、春~秋まで、次から次へと小花を咲かせ続けます。変種に、白花を咲かせるギンロバイ(銀露梅、Dasiphora fruticosa vr. mandshurica)があります。

一般名:キンロバイ(金露梅)、学名:Dasiphora fruticosa、シノニム:Potentilla fruticosa、別名:golden hardhack、bush cinquefoil、shrubby cinquefoil、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科キンロバイ属キンロバイ種、原産地:北半球、生息分布:北海道、本州、四国、九州の日本、生息分布:(亜)高山、環境:瓦礫地、草丈:30~80 cm、茎:良く分枝、葉形:奇数羽状複葉、葉縁:全縁、葉序:互生、花序径:集散花序、花の付く場所:枝先か葉腋、花色:黄、花径:2~3 cm、花弁数:、雄蕊数 :20、雄蕊色:薄黄、開花期:5月~8月、果実型:痩果。


  • バラ
  • バラ
  • キンロバイ
  • キンロバイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性落葉小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 80.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花