フクシア

Fuchsia hybrida

  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • フクシア
  • 花名
    フクシア
  • 学名
    Fuchsia hybrida
  • 別名Fuchsia, Ladies Eardrop, ホクシャ, ツリウキソウ, ヒョウタンソウ, フューシャ, フクシャ
  • 原産地ドミニカ共和国
  • 開花場所鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月
  • 花言葉センスの良さ

フクシアとは

フクシア(Fuchsia、学名:Fuchsia hybrida)は、ドミニカ共和国原産で、アカバナ科フクシア属の落葉低木です。初夏に、イヤリングやヒョウタン(瓢箪)を髣髴させる可愛らしい花を下垂して咲かせます。花は外側から萼4枚、花弁、雄蕊からなり、様々な色を重ね着をしているようです。反り返っているのが萼片で、その下の円錐部が花です。「フクシャ」とは赤紫色の色のことであり、花色から色が定義されました。現在のマゼンタを指します。属名の「Fuchsia」は、ドイツの植物学者チャールズ・プルミエール(Charles Plumier)が、16世紀の同国の植物学者「レオナルド・フックス(Leonhart Fuchs)」博士への献名に因ります。下垂する性質を活かしてハンギングバスケットなどで楽しみます。花は別科別属のアブチロン(Abutilon)と似ています。

一般名:フクシア(Fuchsia) 、学名:Fuchsia hybrida、別名:ホクシャ、ホクシア(いずれも、Fuchsia)、ハイブリッド・フクシア(Hybrid fuchsia)、ツリウキソウ(釣浮草)、ヒョウタンソウ(瓢箪草)、イヤリング(Earring)、 レディーズ・イアードロップ(Ladies Eardrop)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目アカバナ科フクシア属、原産地:ドミニカ共和国、樹高:30~100 cm、葉形:卵形、葉序:互生、葉縁:全縁、放射相称花、両性花、離弁花、花序:散形花序、開花期:5月~7月、花弁数:4、花冠:釣鐘形、花径:3~8 cm、花色:桃・赤・白・紫、咲き方:一重、半八重、八重、トリフィラタイプ、萼形:筒状/漏斗状で先端が4裂、花の出る場所:葉腋、果実型:液果、果実径:1 cm、果実形:サクランボ状、果実色:暗赤熟、可食の別:可、用途:釣り鉢、花壇。


  • フトモモ
  • アカバナ
  • フクシア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉低木
  • 花の色赤 桃 紫 橙
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花