シャガ

Iris japonica

  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
  • 花名
    シャガ
  • 学名
    Iris japonica
  • 別名著莪, Iris japonica, shaga, fringed iris, butterfly flower
  • 原産地中国と日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉友人が多い

シャガとは

シャガ(著莪、学名:Iris japonica)は、中国と日本原産で、アヤメ科アヤメ属の常緑多年草です。日本では、本州~四国~九州の林床に自生します。草丈が低く、春に土手等の日陰で白または薄青色の花を咲かせます。 葉には光沢があり冬でも葉が残り、アヤメ科特有の硬く細長い葉形をしています。 他のアヤメ科の植物と比べて花が小振りで、花色は白と薄青の2色しかありません。 花は、各3枚ずつの外花被(萼)と内花被(花冠)、雄蕊から構成されます。 外被(萼)には青紫と黄橙色の斑が見られ、葉縁にフリルがありギザギザ(鋸歯)しています。 一方、内花被(花冠)は白く先端で2つに分かれています。 雄蕊は雌蕊の柱頭に接しています。 3倍体のため果実はできず、繁殖は根茎が伸張して群生して行います。ヒメシャガ(姫著莪、学名:Iris gracilipes)はシャガとよく似ており、より小型で絶滅危惧植物に指定されています。

一般名:シャガ(著莪)、学名:Iris japonica(アイリスジャポニカ)、別名:コチョウカ(胡蝶花)、fringed iris、butterfly flower、shaga、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目アヤメ科アヤメ属 、原産地:中国と日本、分布:日本では本州・四国・九州、環境:林床 、草丈:30~70 cm、花径:5cm、花色:白・薄青、開花期:4月~5月。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • シャガ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色青 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 70.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花