ノキシノブ

Lepisorus thunbergianus

  • ノキシノブ
  • ノキシノブ
  • 花名
    ノキシノブ
  • 学名
    Lepisorus thunbergianus
  • 別名軒忍, ヤツメラン
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ、フィリピン
  • 開花場所観葉植物
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 12月

ノキシノブとは

ノキシノブ(軒忍、学名:Lepisorus thunbergianus)は、日本、朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ、フィリピン原産で、ウラボシ科ノキシノブ属に属する常緑着生シダ植物です。北海道~九州、琉球諸島で山野の湿った樹皮や、崖、棚田の法面、石垣、地表などに自生します。昔は軒下にも生えていましたが、今は住宅事情が異なり生えません。ノキシノブ属の総称としても使われます。
草丈は5~20cmです。葉は長さ12~30cm、幅0.5~0.8cmの線形で緑色をしており葉縁に鋸歯があり、先端は尖ります。
シダ植物なので、花や種の代わりに葉裏に胞子嚢ができ、そこから胞子を飛ばして増殖します。ソーラス(胞子嚢群)は葉裏上半分の中脈と葉縁の間にあり、胞子嚢は丸く黄褐色をしています。和名は、昔、軒下に生えシノブのように着生することに拠ります

一般名:ノキシノブ、学名:Lepisorus thunbergianus、又名:ヤツメラン (八目蘭)、分類名:植物界シダ植物門シダ網ウラボシ目ウラボシ科ノキシノブ属ノキシノブ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ、フィリピン、草丈:5~20cm、葉色:緑色、葉縁:鋸歯、葉形:線形披針形、葉質:厚く、先端や基部とも細い、葉長:12~30cm、葉幅:0.5~0.8cm、葉序:全縁、ソーラス(胞子嚢群):胞子嚢の形は円形、胞子嚢径:0.3cm、ソーラス色:黄褐色、胞子嚢時期:12月~4月。


  • ウラボシ
  • ウラボシ
  • ノキシノブ
  • ノキシノブ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    その他
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑着生シダ植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径0.0 ~ 0.0 cm

ランダムな花