スイレン

Nymphaea hybrids

国花:タイ、スリランカ、バングラデシュ、パプアニューギニア,モネの絵で有名。

  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • 花名
    スイレン
  • 学名
    Nymphaea hybrids
  • 別名water lily, 睡蓮, ネッタイスイレン
  • 原産地パプアニューギニアなどの東南アジアをはじめ世界中の熱帯域と温帯域
  • 開花場所亜熱帯地域, 川・池
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉清純な心、信頼の心 信仰、柔らかい心、黄色:「優しさ」「甘美」

スイレンとは

スイレン(睡蓮、学名:Nymphaea Hybrids)は、パプアニューギニアなどの東南アジアをはじめ世界中の熱帯域と温帯域原産で、スイレン科スイレン属の耐寒性多年草の水生植物です。夏に、池の水面に円形又は卵形で基部に切れ込みのある緑色の葉を浮かべます。花色には青紫や、黄、白、赤、橙、桃色などがあります。モネの絵などで有名です。花言葉は色により異なります。全体的な花言葉は、「清純な心」、「信頼の心」、「信仰」、「柔らかい心」です。

熱帯スイレンと温帯スイレンの違い


熱帯スイレンは花や葉が大きく、葉縁に鋸歯があり、水面より立ち上がります。
温帯スイレンは品種改良が進められ種類が多く、花や葉の大きさが大中小とあり、葉縁は全縁で、水面に浮かんで咲きます。


ニル・マーネル


ニル・マーネル(学名:Nymphaea nouchali)は、スリランカとバングラデシュの国花で、青紫色の花弁で中央に黄色い蕊があります。


似た花-ハス


同じ水生植物のハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)と花の感じが似ています。違いは、ハスはハス科で、睡蓮はスイレン科の植物です。花の咲き方は、ハスは水面から立ち上がって咲き、熱帯睡蓮も立ち上がって咲きますが、温帯スイレンは水面上で花が咲きます。ハスには花中央に蜂巣状のカタク(果托)がありますが、睡蓮にはカタクはありません。 葉はハスで立ち上がるものがありますが、睡蓮は水面上に浮かびます。 果実や根(地下茎)は、ハスが全草食べられるのに対し、睡蓮は食べられません。スイレン科で、通常、食用とされているものは、ジュンサイ(蓴菜、学名:Brasenia schreberi)だけです。

一般名:スイレン(睡蓮)、学名:Nymphaea Hybrids 、国花:タイとスリランカ(ニル・マーネル、学名:Nympheae stelleta )、バングラデシュ(シャープラ、学名:Nymphaea pubescens)、別名:ウォーターリリー(Water lily)、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類スイレン目スイレン科スイレン属 、生活型:耐寒性多年草の水生植物、環境:池や沼、原産地:パプアニューギニアなどの東南アジアをはじめ世界中の熱帯域と温帯域の池など、草丈:10~30cm、葉形:円形又は卵形で基部が切込、開花期:6月~9月、花色:青紫・黄・白・赤・橙・桃、花径:5~10cm


  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • スイレン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年草の水生植物
  • 花の色赤 桃 青 紫 黄 薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花