クササンタンカ

Pentas lanceolata

  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • クササンタンカ
  • 花名
    クササンタンカ
  • 学名
    Pentas lanceolata
  • 別名ペンタス, Egyptian star flower, ペンタス・ランケオラタ, エジプシャン ・スターフラワー, 草山丹花, Pentas lanceolata
  • 原産地熱帯アフリカ、マダガスカル、アラビア半島
  • 開花場所庭, 園芸品種, 鉢花
  • 開花期3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月
  • 花言葉希望がかなう

クササンタンカとは

クササンタンカ(草山丹花、学名:Pentas lanceolata)は、熱帯アフリカ、マダガスカル、アラビア半島原産で、アカネ科ペンタス属の非耐寒性の多年草又は一年草です。葉は先端が尖った披針形又は楕円形で、葉の表面にある葉脈の凹凸がくっきりしています。
春~秋に、漏斗状の先端が5裂した星形の小花を半球状に密集させて咲きます。花はサンタンカと似ています。しかし、サンタンカは木(常緑低木)であり4弁花を咲かせるのに対して、 クササンタンカは草本で星型の5弁花(penta=5)を咲かせます。また、サンタンカは別属(サンタンカ属)です。さらに、似た花に4弁花を咲かせるブバルディアがあります。ブバルディアの花弁には丸みがあり、葉の葉脈は目立ちません。

一般名:クササンタンカ(草山丹花)、学名:Pentas lanceolata(ペンタス ・ランケオラータ) 、別名:ペンタス((Pentas)、ペンタス・ランケオラタ(Pentas lanceolata)、Egyptian star flower(エジプシャン ・スターフラワー) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科ペンタス属、原産地:熱帯アフリカ~アラビア半島 、草丈:20~40 cm、葉形:卵形、葉脈:明瞭、葉縁:全縁、葉序:対生、花色:桃・赤 ・紅・白・青紫 ・ラベンダー ・白覆輪、花の咲き方:一重咲き、八重咲き、開花期:3月~10月、花序径:7 cm、小花径:1~1.5 cm、もっと説明


  • リンドウ
  • アカネ
  • ペンタス
  • ペンタス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    複集散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草又は一年草
  • 花の色赤 桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 40.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花