サラセニア フラバ

Sarracenia flava

食虫植物

  • サラセニア フラバ
  • サラセニア フラバ
  • 花名
    サラセニア フラバ
  • 学名
    Sarracenia flava
  • 別名サラセニア
  • 原産地北米
  • 開花場所湿地, 温室
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉恋の憩い

サラセニア フラバとは

サラセニア フラバ(学名:Sarracenia flava)は、北米原産でサラセニア科サラセニア属の半耐寒性多年草の食虫植物です。サラセニアの大型の原種です。長い筒状葉を立ててその中に昆虫を誘い込み溶かして養分にします。和名ではキバナヘイシソウ(黄花瓶子草)と呼ばれます。ヘイシとはお酒を入れる器のことです。

共同名:サラセニア フラバ、学名:Sarracenia flava、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サラセニア科サラセニア属サラセニア フラバ種、又名:キバナヘイシソウ(黄花瓶子草)、原産地:北米、茎長:40-70 cm、葉縁:波打、開花期:3月~5月、花色:黄色、花径:4-7 cm。


  • ツツジ
  • サラセニア
  • サラセニア
  • サラセニア フラバ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    円筒形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型食虫植物、観葉植物、多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 70.0 cm
  • 花径4.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花