タイトゴメ

Sedum oryzifolium

  • タイトゴメ
  • タイトゴメ
  • タイトゴメ
  • タイトゴメ
  • 花名
    タイトゴメ
  • 学名
    Sedum oryzifolium
  • 別名大唐米
  • 原産地日本
  • 開花場所海岸
  • 開花期4月, 5月, 6月

タイトゴメとは

タイトゴメ(学名:Sedum oryzifolium)は日本原産で、ベンケイソウ科マンネングサ属の匍匐性多年草の野草です。日本の本州(関東地方以西)~四国、九州、奄美大島の海岸の岩場に群生して自生します。春から梅雨時に、米粒大の小さな黄色花を咲かせます。葉は多肉質で緑色で、茎に互生して付きます。白花を咲かせるシロバナタイトゴメもあります。

一般名:タイトゴメ(大唐米)、学名:Sedum oryzifolium、分類名:分類名:植物界被子植物真正双子葉類ユキノシタ目ベンケイソウ科マンネングサ属、原産地:日本、生息分布:本州(関東地方以西)~四国、九州、奄美大島、環境:海岸の岩場、生活型:多年草、草丈:5〜10cm、葉序:互生、放射相称花、花序:集散花序、開花期:4月〜6月、花色:黄、花冠:5弁花、花径:0.5〜1cm。


  • ユキノシタ
  • ベンケイソウ
  • マンネングサ
  • タイトゴメ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型匍匐性多年草、野草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 10.0 cm
  • 花径0.5 ~ 1.0 cm

ランダムな花