ツガ

Tsuga sieboldii

  • ツガ
  • ツガ
  • 花名
    ツガ
  • 学名
    Tsuga sieboldii
  • 別名トガ, Tsuga sieboldii, Tsuga
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所植物園, 墓地・寺院, 公園
  • 開花期4月, 5月

ツガとは

ツガ(栂、学名:Tsuga sieboldii)は日本~朝鮮半島原産で、マツ科ツガ属の常緑針葉高木です。本州~四国、九州の山地の尾根などの急斜面に自生します。モミに似ていますが、葉先が尖らず、葉裏に白っぽい気孔腺が目立ちます。春に雌花と雄花が枝先に1輪ずつ咲きます。秋に緑色の松ぼっくりが成り、熟すと茶色になり種子が飛び出します。巨木になるので家庭の庭には植えられず、公園樹、神社の御神木、シンボルツリーにされます。材は赤っぽいクリーム色で美しいので建材に使われます。

一般名:ツガ(栂)、学名:Tsuga sieboldii、原産地:日本~朝鮮半島、分類名:植物界裸子植物マツ網マツ目マツ科ツガ属ツガ種、生活型:常緑針葉樹、樹高:30~40 m、胴周囲:1m、樹皮色:赤茶色で縦に裂けめが入る、葉長:1~2 cm、葉幅:0.2 cm、葉形:針状、葉色:深緑色、雌雄同株、開花期:4~5月、花序:毬状花序、花径:0.4 cm、雄花:黄色い0.4cmの球形、雌花:4.5cmの緑色→褐色の広卵形の球果、結実期:10月、果実色:茶色、用途:樹木は公園樹、神社の御神木、シンボルツリーに、材は建材や楽器に、樹皮からは漁網の染料。


  • マツ
  • マツ
  • ツガ
  • ツガ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    毬状花序
  • 花冠
    尾状
  • 葉形
    針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑針葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ3000.0 ~ 4000.0 cm
  • 花径0.4 ~ 0.4 cm

ランダムな花