イヌサフラン

毒草

  • イヌサフラン_img_0

    イヌサフラン @ 石見銀山

  • イヌサフラン_img_1

    イヌサフラン @ 石見銀山

基本情報

花名
イヌサフラン
英名
Autumn crocus
学名
Colchicum autumnale l.
別名
コルチカム, オータムリリー , Autumn crocus , Colchicum
原産地
欧州~北アフリカ
生活型
球根植物

コメント

イヌサフラン(学名:Colchicum autumnale )は、欧州~北アフリカ原産でイヌサフラン科イヌサフランの球根植物です。球根から蕾を出してピンクの一重の花を咲かせます。花や草姿はサフラン(Saffron)や、クロッカスに似ていますが、イヌサフランは開花時に葉が無く花後に葉を出します。品種改良した園芸品が出回っており、白花や八重咲きのものがあります。球根や種に含まれるコルヒチンは種無しスイカの品種改良などに使われますが 有毒物質です。

一般名:イヌサフラン、学名:Colchicum autumnale 、別名:コルチカム、autumn crocus 、オータムリリー、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目イヌサフラン科イヌサフラン属、原産地:欧州~北アフリカ、草丈:15~20 cm、葉長さ:20~30cm、根生葉、葉序:互生、葉の出る時期:花が終わった翌年、花序:単項花序、花色:ピンク(原種、園芸品種)、白色(園芸品種)、開花期:春咲き、秋咲き(9~11月)、冬咲き、花茎長:15cm、雄蕊:6本、花径:4~15cm(園芸品種)、球根形:卵形、球根径:3 ~ 5 cm 、備考:イヌサフランには全草に有毒物質のコルヒチン(colchicine)が含まれ、食べると危険

詳細情報

ユリ
イヌサフラン
イヌサフラン
イヌサフラン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
ピンク
開花時期
9月10月11月
高さ
15 ~ 20 [cm]
花径
4 ~ 15

アクセスランキング(日別)

キブシ_img
テマリソウ_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

フウセントウワタ_img
キントラノオ_img
パンノキ_img
ライムギ_img
エリカ・カナリクラータ_img
ヨルガオ_img
エキナセア・プルプレア_img
アメリカイワナンテン'レインボー'_img
センニンソウ_img
クリサンセマム・ノースポール_img
ヤエシダレザクラ_img
ヒポエステス(Hypoestes)_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved