ヤマアジサイ

Hydrangea serrata

  • ヤマアジサイ_img_0
    ヤマアジサイ @ 箱根湿生植物園
  • ヤマアジサイ_img_1
    ヤマアジサイ @ 日光植物園

基本情報

花名
ヤマアジサイ
英名
Hydrangea serrata
学名
Hydrangea serrata
別名
サワアジサイ, 山紫陽花, 沢紫陽花, Yama Ajisai, Hydrangea serrata
原産地
日本
生活型
落葉低木

コメント

ヤマアジサイとは

ヤマアジサイ(山紫陽花、学名:Hydrangea serrata) は日本原産でアジサイ科の耐寒性落葉低木です。福島~四国・九州の太平洋側の沢沿いに自生します。沢に咲くのでサワアジサ(沢紫陽花)とも呼ばれます。

ガクアジサイ(額紫陽花、学名:H. macrophylla f. normalis )と似ており、ガク咲きになりますが、花はアジサイ(紫陽花、学名:Hydrangea macrophilla)より花序は小さいです。しかし、花色は豊富です。葉は細長く葉質は薄く小さい。葉は甘茶の材料となります。

種類―アマギアマチャ、アマチャ、オオニジ、シチタンカ、ベニガク、ヒゴシボリ、マイコアジサイなどがあります。

山紫陽花 アマギアマチャ(天城甘茶、学名:Hydorangea serrata var. angusta)
山紫陽花 アマチャ(甘茶、学名:Hydorangea serrata var. thunbergii)
山紫陽花 ベニガク(紅額、学名:Hydorangea serrata f. rosalba)ー装飾花の花弁が紅色で花弁形が菱形状の円形をしている。
山紫陽花 シチタンカ(七段花、学名;Hydorangea serrata f. prolifera)―装飾花の萼片が重弁化している。
山紫陽花 マイコアジサイ(舞子紫陽花、学名:Hydorangea serrata f. belladonna)(Hydrangea serrata‘Maiko’)、 三重県原産の山紫陽花の原種で花色が時間と共に変化する。咲き始めは白→薄桃色→薄青色。山紫陽花の変種で、花序がほぼ装飾花のみで、両性花がないのは珍しい。
山紫陽花 '大虹'(学名:Hydrangea serrata ‘Ooniji’)
山紫陽花 '肥後絞'(学名:Hydrangea serrata ‘Higoshibori’)

一般名:ヤマアジサイ(山紫陽花) 、学名:Hydrangea serrata、別名:サワアジサイ(沢紫陽花)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ミズキ目アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ種、原産地:日本、東アジア、北南米 、生息分布:東北南部(福島)から四国、九州、環境:沢沿いや湿った林床、生活型:耐寒性落葉低木、樹高:1~2 m、葉形:楕円/長楕円など様々、葉序:対生、 葉色:緑、鋸歯:有り、葉質:薄く非光沢性、花序形:二出集散花序、花色:紫・青・桃・白、花弁数(萼変数):5、両性花径:1 cm、中性花(装飾花)径:2~3 cm、開花期:6月~7月、魚籠:葉は甘茶の材料になる。

詳細情報

ミズキ
アジサイ
アジサイ
アジサイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
2出集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
湿地低山植物園
赤, ピンク, 青, 白
開花時期
6月7月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
1 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

ブナ_img
オカヒジキ_img
オヤマリンドウ_img
シャクジョウソウ_img
ツツジ_img
ツバキ アルバ・プレナ_img
イレシネ・ヘルブスティー‘アクミナタ’_img
オオムラサキ_img
ヤシオネ・ペレンニス_img
リューカデンドロン・プラティスター_img
ツルナ_img
なでしこ '花はな'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved