ゲンペイクサギ

  • ゲンペイクサギ_img_0
    ゲンペイクサギ @ 熱川バナナワニ園
  • ゲンペイクサギ_img_1
    ゲンペイクサギ @ 熱川バナナワニ園
  • ゲンペイクサギ_img_2
    ゲンペイクサギ @ マウイ島
  • ゲンペイクサギ_img_3
    ゲンペイクサギ @ 東京都薬用植物園

基本情報

花名
ゲンペイクサギ
英名
Harlequin glory bower
学名
Clerodendrum thomsoniae
別名
源平臭木, Clerodendrum thomsoniae, Clerodendrum, ゲンペイカズラ, 源平葛, クレデンドロン
原産地
西アフリカ
生活型
蔓性常緑低木

コメント

ゲンペイクサギとは

ゲンペイクサギ(源平臭木、学名:Clerodendrum thomsoniae)は、西アフリカ原産で、シソ科クサギ属の蔓性常緑低木です。
ゲンペイカズラ(源平葛)とも呼ばれます。夏に、円錐花序を伸ばし、白い萼から赤い花を咲かせます。花名の源平は、赤白の花色の取り合わせが、昔の源氏の白旗、平家の赤旗になぞらえたものです。花に比べ、葉が大きいです。落下した後、残る白い萼片は時間と共に紫色に変化します。
クレロデンドロン・スペキオーサム(Clerodendrum speciosum)と呼ばれるベニゲンペイカズラ(紅源平葛)が育種されました。クサギ(臭木)や、ボタンクサギ(牡丹臭木、Clerodendrum bungei)などと同じ、クサギ(臭木)の仲間です。

一般名:ゲンペイクサギ(源平臭木)、学名:Clerodendrum thomsoniae 、別名:ゲンペイカズラ(源平葛)、ゲンペイボク(源平木)、Clerodendrum thomsoniae(クレロデンドルム・トムソニアエ)、又名:bag flower、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科クサギ属、原産地:西アフリカ 、草丈:100~400 cm、葉序:対生、葉形:卵形、葉縁:全縁、開花期:5月~7月、花序形:円錐花序、萼色:白→紫、花冠色:赤、萼色:白、花径:1.8-2 cm、雄蕊数:4。

詳細情報

シソ
シソ
クサギ
ゲンペイクサギ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
開花時期
5月6月7月
高さ
100 ~ 400 [cm]
花径
1.8 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
カサブランカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

シオン_img
ツバキ リトル・スラム_img
シナシャクナゲ_img
モッコク_img
ザゼンソウ_img
アブチロン_img
ヘレボルス・オリエンタリス_img
イブキシモツケ_img
ヤマトリカブト_img
アイスランドポピー_img
ハシドイ_img
ツバキ ヒゴモミジガリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved