かぎけん花図鑑

アザレア

基本情報
花名
アザレア
英名
Azalea
学名
Rhododendron simsii
別名
オランダツツジ, Azalea, セイヨウツツジ, 西洋ツツジ, Belgian Hybrid Azalea
原産地
台湾(改良地:ベルギー、オランダ)
生活型
半耐寒性常緑低木
コメント
アザレア(Azalea、学名:Rhododendron simsii)は、台湾生まれベルギー育ちのツツジ科ツツジ属の半耐寒性常緑低木です。秋〜翌春にかけての長期間、バラ(薔薇)に似た白色や、桃色、赤の一重または八重の花を咲かせます。台湾原産のタイワンサツキやツツジがヨーロッパに輸出され、主としてベルギーやオランダなどで改良された園芸品種です。樹高の大きいものは200cmにもなります。同属に、ツツジ(躑躅)や、サツキ(皐月)、アザレアエゾイソツツジエゾツツジキシツツジドウダンツツジレンゲツツジミツバツツジモチツツジゲンカイツツジオオムラサキサツキコヤスドウダンがあります。英名のAzaleaは、ラテン語の「azaleos(乾燥)」からでアザレアが乾燥した(dry)土地を好むことに拠ります。アザレアの花言葉に「禁酒」とあるのは、英語のdry(ドライ)に「禁酒」と言う意味があるからです。
一般名:アザレア(Azalea)、学名:Rhododendron simsii、別名:Belgian Hybrid Azalea、オランダツツジ(阿蘭陀躑躅)、セイヨウツツジ(西洋躑躅)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属、原産地:台湾(改良地:ベルギー、オランダ)、生活型:半耐寒性常緑低木、樹高:20〜200 cm、葉形:卵形、倒披針形、葉質:有毛でやや厚い、葉縁:全縁、放射相称花、合弁花、花序形:集散花序/複集散花序、花冠形:漏斗状、花色:白・桃・赤、花径:5〜8 cm、花の咲き方:一重、八重 開花期:10月〜翌4月、繁殖:挿し木。
詳細情報
ツツジ
ツツジ
ツツジ
アザレア
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 植物園 墓地・寺院 公園 盆栽 街路、植栽
赤, ピンク, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 10月 11月 12月
高さ
20  ~ 200  [cm]
花径
5  ~ 8