ギョリュウバイ

  • ギョリュウバイ_img_0
    ギョリュウバイ @ 姫路手柄山温室植物園
  • ギョリュウバイ_img_1
    ギョリュウバイ @ 木場公園
  • ギョリュウバイ_img_2
    ギョリュウバイ @ 木場公園
  • ギョリュウバイ_img_3
    ギョリュウバイ @ 木場公園
  • ギョリュウバイ_img_4
    ギョリュウバイ @ 木場公園

基本情報

花名
ギョリュウバイ
英名
Leptospermum scoparium
学名
Leptospermum scoparium
別名
Tea tree, ティーツリー, 御柳梅, Broom tea tree, New Zealand tea tree
原産地
ニュージーランド、オーストラリア、マレー半島
生活型
耐寒性常緑低木

コメント

ギョリュウバイとは

ギョリュウバイ(御柳梅、学名:Leptospermum scoparium)は、ニュージーランド、オーストラリア、マレー半島原産で、フトモモ科の耐寒性常緑低木です。 春に、梅花に似た花形で、花色が赤や桃、白色の一重または八重の小花を枝に沿って多数咲かせます。 花名は、葉がギョリュウ(御柳)に似ていて、花が梅花に似ていることに拠ります。 寒さには強いですが、夏の高温や乾燥には弱いです。 ニュージーランドの国花であり、ニュージーランドでは葉をお茶に使うことから、New Zealand tea tree(ニュージーランドティーツリー) または、Tea tree(ティーツリー)、Broom tea tree(ブルームティーツリー)と呼ばれます。

一般名:ギョリュウバイ(御柳梅)、学名:Leptospermum scoparium(レプトスペルマム)、別名:別名:Tea tree(ティーツリー)、New Zealand tea tree(ニュージーランドティーツリー)、Broom tea tree(ブルームティーツリー) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目フトモモ科ネズモドキ属ギョリュウバイ種、原産地:ニュージーランド、オーストラリア、マレー半島、樹高:2~3 m、葉序:互生、葉形:線形あるいは線状披針形、花色:赤、白、桃、花の咲き方:一重咲と八重咲き、花径:1〜2 cm、開花期:3月〜5月。

詳細情報

フトモモ
フトモモ
ネズモドキ
ギョリュウバイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
赤, ピンク, 白
開花時期
3月4月5月
高さ
200 ~ 300 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

キントラノオ_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
レイジンソウ_img

ランダムな花

ヤマボウシ_img
ハッサク_img
ニシノオオタネツケバナ_img
オナガカンアオイ_img
ゴールドクレスト_img
セイヨウノコギリソウ_img
ヒメシャクナゲ_img
チューリップ・ブラックヒーロー_img
サラセニア コーティー_img
シラネアオイ_img
キャンドルブッシュ_img
チャメドレア・エレガンス_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved