かぎけん花図鑑

クロトン

基本情報
花名
クロトン
英名
garden croton
学名
Codiaeum variegatum
別名
クロトンノキ, Croton, ヘンヨウボク, pictum, garden croton
原産地
マレーシア半島、太平洋諸島
生活型
熱帯性常緑低木
コメント
クロトン(学名:Codiaeum variegatum)は、トウダイグサ科ヘンヨウボク属の熱帯性常緑低木です。雌雄同株、雌雄異花の両性花を咲かせます。杯状の総苞の中に雄花の輪があり、その中央に雌花が1つあります。花は小さく目立たないので、葉を観賞する観葉植物です。葉の色が黄や赤、緑、黒など多色で、葉形も広葉系、細葉系、螺旋系、など様々です。コディアエウム・バリエガツム(学名:Codiaeum variegatum)の変種であるピクツム種(C. variegatum var. pictum)が栽培の主体とされ、クロトン・エクスカレンス、アケボノクロトン (広葉系、学名:Codiaeum variegatum ‘Akebono’)‘、‘オウゴンリュウセイ(ゴールド・スター)’ (細葉系、学名:C. variegatum ‘Gold Star’)キンセンコウ’(螺旋系、C. variegatum ‘Kinsenkou’)等の園芸品種が育種されています。トロピカルな観葉植物として、温暖な地域では周年、庭や生垣などに用いられます。
一般名:クロトン(Croton)
学名:Codiaeum variegatum、
別名:garden croton、クロトンノキ、ヘンヨウボク(変葉木)、ピクツム(pictum) 、コディアエウム・バリエガツム(学名:Codiaeum variegatum)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類目トウダイグサ科クロトンノキ属、
原産地,:マレーシア半島、太平洋諸島、
生活型:常緑低木、樹高:30〜100cm、葉色:赤・黄・黒・緑・斑入り、観賞期:周年、
雌雄同株、雌雄異花、両性花、花序形:杯型、開花期:6月~8月、花色:白・薄黄
詳細情報
キントラノオ
トウダイグサ
クロトンノキ
クロトン
花のタイプ
その他
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
クリーム, 白
開花時期
6月 7月 8月
高さ
30  ~ 100  [cm]
花径
0.3  ~ 0.5