チョウジソウ

  • チョウジソウ_img_0
    チョウジソウ @ 高尾山
  • チョウジソウ_img_1
    チョウジソウ @ 姫路手柄山温室植物園
  • チョウジソウ_img_2
    チョウジソウ @ 姫路手柄山温室植物園

基本情報

花名
チョウジソウ
英名
Amsonia
学名
Amsonia elliptica
別名
アムソニア, Amsonia, ブルースター, Japanese Bluestar, 丁子草
原産地
朝鮮半島、中国、日本の東アジア、北米
生活型
非耐寒性・非耐暑性多年草

コメント

チョウジソウとは

チョウジソウ(丁子草、学名:Amsonia elliptica)は東アジア、北米原産でキョウチクトウ科チョウジソウ属の非耐寒性・非耐暑性多年草です。茎は直立し、初夏に花茎から集散花序を伸ばし薄青色の星型をした小花を多数付けます。和風の雰囲気があり葉は秋に紅葉します。花名は小花を横から見たとき、「丁」の字に似ていることに拠ります。生息地である湿地が減少していることから絶滅危惧種に指定されました。キョウチクトウ科なので全草が有毒です。

一般名:チョウジソウ(丁子草)、学名:Amsonia elliptica(アムソニア・エリピチカ)、別名:アムソニア(Amsonia)、ブルースター(Japanese Bluestar)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱リンドウ目キョウチクトウ科チョウジソウ属、原産地:朝鮮半島、中国、日本の東アジア、北米、 生息分布:北米、東アジアの朝鮮半島、中国、日本の北海道〜九州、生活環境:湿地、生活型:多年草(宿根草)、草丈:30~70 cm、横長:30〜50 cm、葉幅:8 cm、葉形:披針形〜楕円形、葉序:互生、葉色:緑(春夏)→紅葉(秋)、花序形:集散花序、花径:1.5 cm、花色:薄青色、花冠:平開、開花期:4月〜6月、萼:5深裂、果実型:袋果、果実形状:細長い円柱状、 果実長さ:5 cm、用途:庭植え、切花、特記:全草が有毒植物、絶滅危惧種。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
チョウジソウ
チョウジソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
湿地
開花時期
4月5月6月
高さ
30 ~ 70 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
ネモフィラ インシグニスブルー	_img
オウコチョウ_img
フロックス・パニキュラータ_img

ランダムな花

トウジンビエ パープルマジェスティ_img
ジュズサンゴ_img
ジャーマンアイリス_img
ゲラニウムマクロリズム_img
カボチャ_img
ユキワリイチゲ_img
モミジカラマツ_img
ルリハナガサ_img
ハチミツソウ_img
アップルミント_img
ヤグルマソウ_img
ハナミズキ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved