かぎけん花図鑑

ヤブツバキ

基本情報
花名
ヤブツバキ
英名
Camellia japonica
学名
Camellia japonica l.
別名
ツバキ, 藪椿, Camellia, Common Camellia
原産地
日本(本州〜九州)、台湾、朝鮮半島
生活型
常緑高木
コメント
ヤブツバキ(学名:Camellia japonica L.)は、日本、台湾、朝鮮半島原産で、ツバキ科ツバキ属の常緑高木です。単に、椿と言えば本種を指します。原種は紅色の五弁花で、冬〜春(12月〜4月)に開花します。葉は単葉で、明緑色、厚く大きく光沢があり、葉縁に鋸歯はなく、枝に互生して付きます。メジロやヒヨドリが蜜を吸い花粉を運ぶ鳥媒花です。藪椿の赤い花の花言葉は「わが運命は君の手の中にあり」。
藪椿には、多数の園芸品種が育種されており、花色や、形、時期が多種多彩です。
変種に新潟地方のユキツバキ(雪椿)や、茶人が好むワビスケ(侘助)などがあります。
また、同じツバキ属に、サザンカ(山茶花)があり、似ています。両者の違いはサザンカには、葉や茎、新芽、子房に微毛があるのに対し、ヤブツバキにはありません。また、本種の花弁基部や雄しべの花糸が合着するのに対し、サザンカは合着しません。一番簡単な見分け方に散った花弁を見ることがあげられますが、椿の一部品種には合着しないものもあるので正確ではありません。開花期は、ツバキよりサザンカの方が早く、10月〜12月頃です。
ヤブツバキとサザンカの交雑種に、カンツバキ(寒椿)があります。カンツバキはサザンカと見分けがつきにくく、葉は小さく、光沢は無く、葉縁に鋸歯があります。花弁はバラバラに落ちます。開花は11月〜2月で、サザンカより後に咲きます。代表的な品種に「勘次郎」があります。
特集ツバキ(椿)
https://www.flower-db.com/ja/special/23/2
一般名:ヤブツバキ(藪椿)、学名:Camellia japonica L.(カメリア・ヤポニカ)、別名:ツバキ(椿)、ヤマツバキ(山椿)、Camellia(カメリア)、Common Camellia(コモン・カメリア)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ビワモドキ亜綱ツツジ目ツバキ科ツバキ属、原産地:日本(本州〜九州)、台湾、朝鮮半島、樹高:6〜15m、葉形:長楕円形か楕円形、葉長:5〜12cm、葉色:明緑色、花色:紅、花径:7cm、開花期:12月〜4月、結実期:夏〜秋、果実色:褐色、果実径:2cm。
詳細情報
ツツジ
ツバキ
ツバキ
ヤブツバキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 植物園 墓地・寺院 公園 盆栽
開花時期
1月 2月 3月 4月 12月
高さ
600  ~ 1500  [cm]
花径
7  ~ 15