フクシュウキンカン

Fortunella obovata

  • フクシュウキンカン
  • フクシュウキンカン
  • 花名
    フクシュウキンカン
  • 学名
    Fortunella obovata
  • 別名福州金柑, チョウジュキンカン, 長寿金柑, Fukushu kumquat, フクシュウ・カムカット, オオミキンカン
  • 原産地中国
  • 開花場所果樹園
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉思い出、感謝

フクシュウキンカンとは

フクシュウキンカン(福州金柑、Fortunella obovata)は、ミカン科キンカン属の常緑低木「キンカン(金柑)」の一品種で、チョウジュキンカン(長寿金柑)とも呼ばれます。中国東部江蘇省~福建省原産で、樹高は1~2 m、果実は金柑中で最大の30~40 g程になります。金柑の果実は長楕円形が多いですが、福州金柑は卵形で、果頂が窪みます。酸味が強く、甘みが少なく、香りが劣るので、マーマレード、砂糖漬けなどの加工用や観賞用とされます。

一般名:フクシュウキンカン(福州金柑)、学名:Fortunella japonica、別名:チョウジュキンカン(長寿金柑)、Fukushu kumquat(フクシュウ・カムカット)、オオミキンカン(大実金柑)、分類名:植物界被子植物門双子葉類ムクロジ目ミカン科キンカン属、原産地:中国、生活型:常緑低木、樹高:1~2 m、葉形:卵形、葉縁:浅い鋸歯、葉身長:6 cm、葉序:互生、開花期:6月~8月、花径:2 cm、花色:白、花弁数:5枚、雌蕊:1本、雄蕊数:20本、果実径:2 cm、果実色:金色(黄橙色)、収穫期:12月~5月、旬:1〜2月。


  • ムクロジ
  • ミカン
  • キンカン
  • フクシュウキンカン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花