ヒオウギ

Iris domestica

  • ヒオウギ
  • ヒオウギ
  • 花名
    ヒオウギ
  • 学名
    Iris domestica
  • 別名カラスオウギ, 烏扇, Leopard flower, 檜扇
  • 原産地東アジア
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 切り花・生け花, 海岸
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉誠意

ヒオウギとは

「ヒオウギ(檜扇)」という名前がつくものがあります。それらの持つ何かの形状が、桧扇(桧で出来た木製の扇)に似ていることに拠ります。代表的な例では、「ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica)」や「ヒメヒオウギ(姫檜扇)」、「ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)」、「ヒオウギアヤメ(檜扇文目、学名:Iris setosa)」、動物では「ヒオウギガイ(緋扇貝、Mimachlamys nobilis 」などがあります。ここではその内の、「ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica)」に着目し手ご紹介します。

ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica)は、東アジア原産で、アヤメ科アヤメ属の耐寒性多年草です。花名は、葉が根元から伸びて広がる形が桧で出来た木製の扇に似ていることに因ります。直立した花茎は分枝して、茎頂に数個の朱色の一日花を付けます。夏に咲く橙色の六弁花には多数の暗紅点が散在します。花色と斑点から、英名では、’Leopard flower’と呼ばれます。花後に成る緑色の果実は秋に熟して割れて中から黒い種子が現れます。これが射干玉(ヌバタマ)と呼ばれるもので、万葉集では黒を意味する枕詞として使われました。用途は、庭木や、生け花、根茎部に消炎、解毒効果の成分が含まれるので漢方薬、とされます。花言葉は「誠意」。

一般名:ヒオウギ(檜扇) 、学名:Iris domestica、別名:カラスオウギ(烏扇)、Leopard flower、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属ヒオウギ種、原産地:東アジア、分布:本州~四国、九州の日本、開花期:7月~8月、花色:橙色、種子色:黒、種子径:0.5 cm。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • ヒオウギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 100.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花