ラシュナリア・ナマクエンシス

Lachenalia namaquensis

  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • 花名
    ラシュナリア・ナマクエンシス
  • 学名
    Lachenalia namaquensis
  • 別名ラケナリアナマクエンシス
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所庭, 温室, 植物園, 園芸品種, 鉢花, 特定の地域
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 12月
  • 花言葉変化 / Change変化 / Change

ラシュナリア・ナマクエンシスとは

ラシュナリア・ナマクエンシス(学名:Lachenalia namaquensis)は、南アフリカ原産で、キジカクシ科ラシュナリア属の球根植物です。属名の「Lachenalia(ラシュナリア)」はスイス人植物学者「Werner de Lachenal(ヴェルナー・ド・ラシュナル)」氏への献名です。種小名の「namaquensis(ナマクエンシス)」とは自生地の「Namaqualand(ナマクアランド)」に拠ります。同属には他に、ラシュナリア・マテウシー(学名:Lachenalia mathewsii) があります。南アフリカ原産の植物については、特集 南アフリカの花 に多数掲載してあります。

一般名:ラシュナリア・ナマクエンシス、学名:Lachenalia namaquensis、又名:ラケナリア・ナマクエンシス、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目キジカクシ科ラシュナリア属、原産地:南アフリカ、草丈:10-40 cm、花色:ピンク、花径:0.7~1 cm、花序形:穂状、花形:鐘形、内花片数:3,外花片数:3,開花期:12月-4月,用途:庭植え、鉢植え。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ラシュナリア
  • ラシュナリア・ナマクエンシス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    矢じり形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花