クロマツ

Pinus thunbergii

  • クロマツ
  • クロマツ
  • クロマツ
  • クロマツ
  • 花名
    クロマツ
  • 学名
    Pinus thunbergii
  • 別名オマツ, 黒松, 雄松
  • 原産地日本〜朝鮮半島
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 植物園, 低山, 公園, 盆栽, 街路、植栽
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「不老長寿」「慈悲」

クロマツとは

クロマツ(黒松、学名:Pinus thunbergii)は日本原産で、マツ科マツ属の常緑高木針葉樹です。樹皮が灰黒色で新芽が白っぽく幹が力強いです。硬い葉や枝葉が力強く広がるためオマツ(雄松)とも呼ばれます。それに対し、アカマツ(赤松)は幹が細めで、赤っぽい樹皮、柔らかい葉、枝葉が円錐形にほんわり広がるためメマツ(雌松)と呼ばれます。松葉は、1ヶ所に2〜5枚が束となって枝に付き(束成し)ますが、数年経つと枝から離れて落下します。花は雌雄異花で1つの株に雄蕊だけの雄花と、雌蕊だけの雌花を咲かせます。果実は球形でマツボックリ(マツカサ)と呼ばれます。松毬の間にある薄黄の小さな鱗片を取り出したものが、松の実で、黒松のものは小さ過ぎて使われません。松を傷つけると松脂が取れますが、時を経ると固まってコハク(琥珀)になります。日本では古代から親しまれている樹木であり、歌舞で謳われたり、伝統芸の道具立てにも使われます。クロマツはアカマツと共にニ葉松の代表とされます。

一般名:クロマツ(黒松)、 学名:Pinus thunbergii、別名:オマツ(雄松)、分類名:植物界裸子植物門マツ亜門マツ綱マツ亜綱マツ目マツ科マツ属、原産地:日本〜朝鮮半島、生息分布:北海道南部〜沖縄、生活型:常緑針葉高木、樹高:40m、樹皮:灰黒色、新芽色:白っぽい、葉形:針状、葉長:5〜15cm、葉序:2個束生、雌雄異花、開花期:4月〜5月、花色:紫紅色(雌花)、花弁数:無、花長:1.5cm(雄花)、果実型:球果、果実形:卵状、円錐形、用途:街路樹、防風林、防潮林、庭木、盆栽、花材。


  • マツ
  • マツ
  • マツ
  • クロマツ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑高木針葉樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ400.0 ~ 4000.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花