サツキ

Rhododendron indicum

  • サツキ
  • サツキ
  • サツキ
  • サツキ
  • サツキ
  • サツキ
  • 花名
    サツキ
  • 学名
    Rhododendron indicum
  • 別名サツキツツジ, 皐月躑躅, 皐月, Satsuki azalea, Satsuki
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 墓地・寺院, 公園, 盆栽, 街路、植栽
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉節約

サツキとは

サツキ(皐月、学名:Rhododendron indicum)は、日本の固有種で、ツツジ科ツツジ属の耐寒性常緑低木です。サツキツツジ(皐月躑躅)と呼ばれるように、ツツジ(躑躅、学名:Rhododendron ferrugineum)と同科同属です。
サツキと、ツツジ(躑躅)の違いは、新芽が伸び出す時期や、開花期、花の大きさ、葉の光沢の有無で判断されます。一般にサツキの咲き始めは、ツツジより幾分遅く、旧暦5月頃に咲き、そのため五月(サツキ)と呼ばれます。サツキは小枝が多く出て、花や葉がツツジに比べて小さいです。同じ枝から複数の花色を咲き分けるものがあり、刈り込みに強いので盆栽や生け垣に使われます。

■サツキとツツジの違い
樹高ーサツキ:~1 m、ツツジ:5~10 m
葉サイズ:サツキ:小、ツツジ:大
葉長ーサツキ: 2~3 cm、ツツジ:5~7 cm
葉幅ーサツキ :0.5 cm、ツツジ:1.5 cm
葉の光沢ーサツキ:有り、ツツジ:無し
葉質ーサツキ:硬い、ツツジ:柔らかい
新芽の出る時期ーサツキ:新芽と花が同居(5月に新芽と蕾が出て、開花する)
        ツツジ:新芽と花は同居しない(4月の開花後、5月に新芽が出る)
花径-サツキ:3.5~5 cm、ツツジ:5~7 cm
開花期ーサツキ:遅い(5月下旬~6月上旬)、ツツジ:早い(4月中旬~5月中旬)
花の咲き方:順番に咲く、ツツジ:一斉に咲く
枝変わり:サツキ:1本の木で何種類かの花色有り、ツツジ:1色
用途ーサツキ:盆栽・生垣・街路の植栽、ツツジ:庭植え

サツキは、キリシマと同様、江戸時代にツツジから育種された園芸品種です。アザレアシャクナゲ(石楠花)、カルミア(Kalmia)、エリカも、同じツツジ科の花です。それぞれ交配品種があるのでわかり難くなっています。

一般名:サツキ(皐月)、学名:Rhododendron indicum(ロドデンドロン)、別名:サツキツツジ(皐月躑躅)、Satsuki、Satsuki azalea、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属サツキ種、原産地:日本、樹高:30〜100 cm、葉形:倒披針形、両性花、弱い左右相称花、合弁花冠、花冠形:漏斗状で4~5裂、花径:3.5〜5 cm、開花期:5月〜6月、花色:赤・白・桃・複色、花姿:一重・二重・八重・絞り咲き・複色の咲き分け。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • サツキ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    倒披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.5 ~ 5.0 cm

ランダムな花