アキカラマツ

Thalictrum minus var. hypoleucum

  • アキカラマツ
  • アキカラマツ
  • アキカラマツ
  • アキカラマツ
  • 花名
    アキカラマツ
  • 学名
    Thalictrum minus var. hypoleucum
  • 別名タカトオグサ, 高遠草
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所植物園, 低山
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月, 11月

アキカラマツとは

アキカラマツ(秋唐松、学名:Thalictrum minus var. hypoleucum)は、日本、朝鮮半島、樺太、中国原産で、キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草です。北海道~九州、奄美大島に自生します。

一般名:アキカラマツ(秋唐松)、学名:Thalictrum minus var. hypoleucum)、又名:タカトオグサ(高遠草)、原産地:日本、朝鮮半島、樺太、中国原産、別名:タカトウグサ(高遠草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科カラマツソウ属、草丈:50~150 cm、葉序:互生、葉形:3出複葉、花序形:円錐花序/散形花序、花弁:無、花色(実際には萼):薄黄色。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • カラマツソウ
  • アキカラマツ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 150.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花