バニラ

Vanilla planifolia

  • バニラ
  • バニラ
  • バニラ
  • バニラ
  • 花名
    バニラ
  • 学名
    Vanilla planifolia
  • 別名Vanilla, Vanilla planifolia
  • 原産地熱帯アメリカ
  • 開花場所温室, 植物園, 亜熱帯地域
  • 開花期4月, 5月, 6月

バニラとは

バニラ(Vanilla、学名:Vanilla planifolia)は、熱帯アメリカ原産で、ラン科バニラ属の蔓性(吸着根)・常緑着生蘭です。葉腋から総状花序を伸ばし、春~初夏に、花径6 cmの肉厚で黄緑色をした位置に花を数個咲かせます。花には芳香はありません。花後に成る果実は細長い円筒形の朔果です。果実は最初、緑色ですが、熟すと光沢のある紫褐色になります。果実から、種子を含む種子鞘ごと、発酵と乾燥を繰り返すと、次第に甘美な香のするバニラビーンズが出来ます。バニラビーンズの成分を抽出し溶剤で溶かすと、バニラエッセンスや、バニラオイルが出来ます。それらをヒステリーや鎮静薬等の薬用、チョコレート、アイスクリーム、菓子などの香付けに利用されます。

一般名:バニラ(Vanilla)、学名:Vanilla planifolia、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目ラン科バニラ属、原産地:熱帯アメリカ、蔓長:60 m、葉序:互生、葉長:20 cm、葉形:長卵形~楕円形、葉縁:全縁、葉色:緑、花色:淡緑色/黄緑色、開花期:4~6月、花序長:5 cm、花冠形:漏斗状、花径:5~6 cm、収穫期:10月~12月、果実長:15~25 cm、果実型:蒴果、果実形:細長い円筒形、種子径:0.5 cm、種子形:レンズ形、果実色:緑→光沢のある紫褐色、用途:薬用、香付け。


  • キジカクシ
  • ラン
  • バニラ
  • バニラ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型蔓性植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ6000.0 ~ 6000.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花