かぎけん花図鑑

今日の誕生花

  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ
  • テッポウユリ

開花期から探す

写真の色から探す

誕生花一覧

花日記

変化朝顔  ’親牡丹’(学名:Ipomoea nil ''Oyabotan")

変化朝顔 ’親牡丹’(学名:Ipomoea nil ''Oyabotan")

変化朝顔 ’親牡丹’ 「黄 抱 蜻蛉葉 葡萄鼠 覆輪 丸咲 牡丹(ヘンカアサガオ 'キ カカエ トンボバ ブドウネズ フクリン マルザキ ボタン’(Henka asagao 'Ki kakae tomboba budounezu fukurin maruzaki botann)’」、学名:Ipomoea nil ''Oyabotan")とは、アサガオ(朝顔)の園芸品種「変わり咲き朝顔(変化朝顔)」

オオボウシバナとツユクの違い

オオボウシバナとツユクの違い

オオボウシバナ(大帽子花、学名:Commelina communis var. hortensis)は、野草のツユクサ(露草、学名:Commelina communis )の栽培変種で、ツユクサを改良して大きくしたものです。別名で、「アオバナ(青花)」とも呼ばれます。 既に江戸時代から存在しており、青い大きな花弁は青色の染料として使われ、現在も京友禅の下絵を描く「青花紙」の原料に使われています。

変化朝顔 ’輝55’(学名:Ipomoea nil ''Kagayaki55")

変化朝顔 ’輝55’(学名:Ipomoea nil ''Kagayaki55")

変化朝顔 ’輝55’ ’黄 斑入 蝉葉 紫 吹掛絞 丸咲 大輪’(ヘンカアサガオ 'キ フイリ セミハ ムラサキ フッカケシボリ マルザキ タイリン’ (Henka asagao 'Ki fuiri semiha murasaki fukkakeshibori maruzaki tairin)’、学名:Ipomoea nil ''Kagayaki55")とは、アサガオ(朝顔)の園芸品種「変わり咲き

7月の花 ムクゲ(槿、学名:Hibiscus syriacus)

7月の花 ムクゲ(槿、学名:Hibiscus syriacus)

ムクゲ(木槿、学名:Hibiscus syriacus)は、中国原産で、アオイ科フヨウ属の耐寒性・耐暑性落葉低木です。韓国の国花としても知られます。初夏から秋までの長期間、次から次へと涼やかで優しい大輪の一日花を咲かせます。同科同属にフヨウ(芙蓉、学名:Hibiscus mutabilis)があります。ムkyゲ(木槿、H. syriacus)もフヨウ(芙蓉、H. mutabilis)も、ハイビスカ

薬用 ノグルミ(野胡桃、学名: Platycarya strobilacea)

薬用 ノグルミ(野胡桃、学名: Platycarya strobilacea)

ノグルミ(野胡桃、学名: Platycarya strobilacea)とは、東アジア原産で、クルミ科ノグルミ属の落葉広葉高木です。本州東海地方以西、四国、九州の温かい山野で、日当たりと水はけの良い急傾斜地に自生します。 オニグルミ(鬼胡桃、学名:Juglans mandshurica var. sachalinensis)と違い、果実は食用となりません。 ノグルミ、東京都薬用植物園(20

特集

変化朝顔・大輪朝顔

変化朝顔・大輪朝顔

特集 変化朝顔 国立民族学博物館で毎年夏に開催される「変化朝顔展」には魅力溢れる変化朝顔の数々が紹介されています。 変化朝顔 黄南天葉白切咲牡丹, 変化朝顔 黄縮緬竜田葉鳩葉色台咲, 変化朝顔 黄打込渦桔梗葉紺覆輪桔梗八重咲, 変化朝顔 青乱菊葉紺石畳, 変化朝顔 '青桔梗葉木立紅覆輪桔梗咲', 変化朝顔 '黄尾長竜田葉紺白切咲', 変化朝顔 '黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲',

特集 7月の青い花

特集 7月の青い花

特集 7月の青い花 夏に咲く爽やかブルーの花 暑い夏に一服の涼風を感じさせてくれるブルーの花を集めました。青にも濃淡や色味の違いがあり、ライトブルーの花もあれば、紫色に違い花もあります。 ツユクサやオオボウシバナ、エボルブルス、チャボリンドウは典型的な鮮青色の花を咲かせます。 土の酸性度の影響を受けて、花色がピンクまたは青になるアジサイに見られるように、酸性土を好む花は青花を咲かせ

一日花・半日

一日花・半日

朝から夕方まで半日咲いたり、夜から朝まで咲いて萎んでしまう「一日花・半日」を集めました。 それらの例として、 アサガオ・ヒルガオ・各種、オシロイバナ、アマ、ハマボウ、カラスウウリ、キカラスウリ、ワタ、ツユクサ、ナツツバキ、ノウゼンカツラ、ノカンゾウ、野牡丹、ヤノネボンテンカ、マツヨイグサ、月見草各種、オクラ、ローゼル、ミョウガ、ムラサキゴテン、ゼンテイカ、ヒオウギ、ハナスベリヒユ、パッショ

フヨウ属

フヨウ属

特集 フヨウ属 フヨウ属の仲間を集めました。早いものは6月開花、10月頃まで毎日咲き変わります。

【特集】7月の白い花

【特集】7月の白い花

7月に咲いている白い花を集めました。355種ありました(2023年7月9日現在)。 7月の代表的な白花 初夏の白花というと、水辺の花であるヒツジグサやスイレン、ミズバショウ、湿地の花ノハナショウブ、モウセンゴケ、浜辺の花のハマユウ、野原の花ではオカトラノオやカラマツソウ、(亜)高山植物ではエーデルワイス、マイヅルソウ、チングルマ、香りの花ではベルガモットやクチナシ、カモミール、野菜ではピー

ランダムな花