レウィシア 'エリーゼ'

  • レウィシア  'エリーゼ'_img_0
    レウィシア 'エリーゼ' @ 京都府立植物園
  • レウィシア  'エリーゼ'_img_1
    レウィシア 'エリーゼ' @ 京都府立植物園
  • レウィシア  'エリーゼ'_img_2
    レウィシア 'エリーゼ' @ 京都府立植物園
  • レウィシア  'エリーゼ'_img_3
    レウィシア 'エリーゼ' @ 京都府立植物園
  • レウィシア  'エリーゼ'_img_4
    レウィシア 'エリーゼ' @ 京都府立植物園

基本情報

花名
レウィシア 'エリーゼ'
英名
Lewisia Erice
学名
Lewisia cotyledo 'erice'
別名
レウィシア, Lewisia Erice
原産地
北米北西部ロッキー山脈
生活型
耐寒性常緑多年草

コメント

レウィシア 'エリーゼ'とは

レウィシア 'エリーゼ'(Lewisia Erice、学名:Lewisia cotyledon 'Erice')は、北米の高山地帯原産で、スベリヒユ科レウィシア属の耐寒性常緑多年草です。従来のレウィシア(Lewisia)と異なり四季咲き(最盛期は、4月〜11月)です。元々、高山生まれなので、厳しい環境に耐える為にコンパクトで丈夫な性質です。草丈は15〜25 cmと低く、葉は多肉質で、強風などで剥がされないように地面にロゼット状(放射状)に生えます。葉は水を溜められるようヘラ状をしています。株の中心から花茎を伸ばし小花を10輪ほど花序につけます。花色は桃、白、黄、橙があります。花弁数は9〜10枚で、花径は2〜3 cmです。花言葉は「熱い思い」。

一般名:レウィシア 'エリーゼ'(Lewisia Erice)、学名:Lewisia cotyledon 'Erice'(レウィシア コチレドン)、別名:イワハナビ(岩花火)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目ヌマハコベ科レウィシア属レウィシア種、原産地:北米北西部ロッキー山脈、環境:高山の岩場、生活型:耐寒性常緑多年草、草丈:15〜25cm、根生葉:多肉質でロゼット状、葉形:ヘラ状、葉長:5〜10cm 、葉縁:全縁、花序形:円錐花序/総状花序、開花期:四季咲き(最盛期は、4〜11月)、花弁数:9〜10枚、花径:2〜3cm、花色:桃・白・黄・橙、雄蕊色:黄、用途:鉢植・ロックガーデン。

詳細情報

ナデシコ
ヌマハコベ
レウィシア
レウィシア 'エリーゼ'
花言葉
熱い思い / Burning desire (03月16日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花高山
ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
4月5月6月7月8月9月10月11月
高さ
15 ~ 25 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

菊 彩胡三枝_img
矮性キンギョソウ_img
ヒャクニチソウ_img
カンツバキ_img
ボタンウキクサ_img
クレマチス ‘ピンクファンタジー’_img
花菖蒲 '松ヶ枝’_img
キヨミ_img
ツンベルギア・グランディフローラ_img
ヒクマオトメ_img
オニユリ_img
ザミア フルフラセア_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved