シマラッキョウ

  • シマラッキョウ_img_0
    シマラッキョウ @ 自宅

基本情報

花名
シマラッキョウ
英名
Okinawa shallot
学名
Allium chinense syn
別名
ダッチョウ, 島らっきょう, Okinawa Shallot
原産地
沖縄
生活型
球根植物

コメント

シマラッキョウとは

シマラッキョウ(島辣韮、学名:Allium chinense syn. Allium bakeri)は、ヒガンバナ科の球根植物(多年草)「ラッキョウ」の縄特産品種です。草丈30〜40 cmで、秋、花茎先端から伸びた散形花序に赤紫色の小花を10数輪つけます。鱗茎を根野菜とします。鱗茎の形は卵状〜長楕円形で食用となります。収穫期は12月〜翌年6月で旬は9月〜10月です。アリシンが成分に含まれるので辛味と臭いが強力です。普通のらっきょうより茎が細長く、早目に収穫するためか球根は小振りです。シマラッキョウの料理方法は鰹節をかけて生食で、塩で揉んで一夜漬に、天麩羅やチャンプルーにして食べられます。

一般名:シマラッキョウ(島らっきょう、島辣韮、島辣韮、島薤、島辣韭)、学名:Allium chinense syn. Allium bakeri、別名:ダッチョウ、APG植物分類体系:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ネギ属ラッキョウ種、原産地:中国(らっきょうの原産地)、沖縄(島らっきょうの定義)、草丈:30〜40 cm、花色:紫、花冠形:7 cm、花径:1 cm、開花期:10月~11月、鱗茎の形:卵状〜長楕円形状、食用となる部分:鱗茎、収穫期:12月〜翌年6月、旬:9月〜10月、食べ方:生食、一夜漬、天麩羅、チャンプルー。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ネギ
シマラッキョウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
10月11月
高さ
30 ~ 40 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ハンノキ_img
オールスパイス_img
レブンウスユキソウ_img
ノシラン_img
サラシナショウマ_img
エモリ_img
シシオウマル_img
エラチオール・ベゴニア_img
ウナダレヒレアザミ_img
キャベツ_img
ジャックフルーツ_img
ミズバショウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved