ユキモチソウ

  • ユキモチソウ_img_0

    ユキモチソウ @ 京都府立植物園

  • ユキモチソウ_img_1

    ユキモチソウ @ 京都府立植物園

  • ユキモチソウ_img_2

    ユキモチソウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ユキモチソウ
英名
Yukimochisou
学名
Arisaema sikokianum
別名
Japanese Jack-in-the-Pulpit, 雪餅草, Arisaema, Yukimochisou, Gaudy jack
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

ユキモチソウ(雪餅草、学名:Arisaema sikokianum)は、日本原産で、サトイモ科テンナンショウ属の多年草です。本州の一部(三重県、奈良県)と四国の山野の湿った林床に自生します。春に、偽茎に2枚の葉を付け中央から1本の花茎を伸ばします。葉は鳥足状に付きます。仏炎苞は紫褐色地で、そこに淡紫褐色と白のストライプが入り、先端が尾状に伸びます。仏炎苞は口辺部から下部の内側は白い。仏炎苞に包まれた肉垂花序の付属体は白く先端が雪餅のように膨らんで少し仏炎苞からはみ出ます。花名の由来は特異な付属体の色と形から付けられました。雌雄異株ですが、すべての株は、最初は雄株であり、成熟するにつれて雌株に変わる性転換植物です。花の状態が悪いと雌株でも雄株に変化します。付属体の面白さから園芸植物として栽培されています。同じテンナンショウ属にウラシマソウ(浦島草)や、マムシグサ(蝮草)と似ています。

一般名:ユキモチソウ(雪餅草)、学名:Arisaema sikokianum、別名:Yukimochisou、Gaudy jack、Japanese Jack-in-the-Pulpit、分類:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科テンナンショウ属ユキモチソウ種、原産地:本州の一部(三重県、奈良県)と四国、草丈:20~30 cm、雌雄異株、仏炎苞長:8~12 cm、付属体径:2~2.5 cm、花被片:無、開花期:4月~5月、残念ながら全草有毒。

詳細情報

オモダカ
サトイモ
テンナンショウ
ユキモチソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園低山亜高山園芸品種
開花時期
4月5月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
2 ~ 2.5

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ドウダンツツジ_img
ホウセンカ_img

ランダムな花

バラ_img
コリンビア・フィキフォリア_img
ヤエベニシダレ_img
花菖蒲 ’真鶴’_img
クルクマ・ルベスケンス_img
ハナモモ・テルテベニ_img
カガミグサ_img
ウナダレヒレアザミ_img
キタヤマスギ_img
チチタケ_img
ハナモモ_img
ヒメスイレン_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved